28/10/2019 14:00, Tin tức - Sự kiện

ハイテクパークにある工場に投資する際の問題

経済が発展している傾向では、ベトナムで規模が大きい工業団地を建設するための投資は避けられないものです。特に、ハイテクパークは経済および技術に価値を生み出すことが期待されています。ただし、この市場への投資は容易ではありません。実際に、企業はハイテクパークで工場を借りようと投資する際に色々な問題に直面する可能性が多いです。

1/ ハイテクパークとは?

経済が発展している傾向では、ベトナムで規模が大きい工業団地を建設するための投資は避けられない傾向です。特に、ハイテクパークは経済的および技術的な価値を大きく生み出すことが期待されています。ただし、企業がこの市場へ投資するのはそんなに容易ではありません。実際に、ここで工場を借りようと投資する際に、企業は色々な問題に直面しています。

現在、全国に多くのハイテクパークがあります。たとえばホーチミン市、ホアラック、ハノイのハイテクパークです。ではハイテクパークの概念とは何でしょうか?

定義された境界線を持ち、首相の決定によって確立された多機能経済技術ゾーンです。ハイテクの研究、開発、応用、ビジネスのインキュベーションのためのハイテクパークが設立されています。同時にハイテク人材を育成し、ハイテク製品の生産と取引を行います。ハイテク研究で得た結果に基づいてハイテクの展示会、製品デモの会場を開くためです。これらの活動によって、国内外の投資が多く引き付けられています。

2/ ハイテクパークにある工場を借りるときの問題

2.1/ 価格に関する問題

工場の賃料は投資家にとって手頃な価格ではありません。ハイテクパークの施設は規模が多様で系統的に投資されているため、価格も高くなります。通常、ベトナムの大手工業団地の賃料変動は毎月1平米にあたり2米ドルから4米ドルです。ハイテクパークは5〜6ドル以上になるので、賃料は企業にとって気になる問題です。

したがって、どんな企業でもそこに工場を借りられるわけではありません。通常、ハイテクパークで借りられるのは予算が多い企業のみです。

一方、2017/35の規制に従ってここの土地賃料はまだ決まっていないため、多くの賃貸会社の仕事を遅らせています。また、過去の地価を一時的に適用するのも不可能です。その情報は工業団地の管理人が国家監査の要請に応じて報告しなければならないからです。これらの理由により、年間の投資は大幅に低下しています。つまり、ハイテクパークへの投資は計画された目標の25%から30%のみでした。

2.2/ 小規模の工場を見つけるのが難しい

ハイテクパークは品質が良く、生産量が多い大きな規模のプロジェクトを展開するため、ここで小さなスペースを見つけることは難しいです。ハイテクパークでは通常の広さが1000~数万平米なので、企業は100〜500平米の小さなエリアを借りたくてもできないでしょう。この現状により、ハイテクパークのオーナーは中小企業の顧客を失う可能性もあります。

2.3/ ハイテクパークでの職業の制限

実際、ハイテクパークではすべての産業が運営できるわけではありません。 厳格な条件、施設および運転に関する規制があるため、特定の業界にのみ適しています。 例えば情報技術、バイオテクノロジー、新素材技術、自動化技術などです。 ハイテクに関する法律によると、これらの4産業は開発への投資が優先され、他の産業には特性があるためハイテクパークでの運用を推奨されていません。このことにより、適切なビジネスで運営する企業を対象にして、運営中のリスクを回避し、開発機会を増やすことができます。

3/ Kizunaの工場を借りる

ハイテクパークの不利益に直面している多くの企業は投資の遅れを避けるために代替案を選ばなければならないでしょう。Kizunaで工場を借りるのは一番良い選択肢です。Kizunaは企業が心配している賃料、生産スペースの規模および管理上の問題を支援します。ベトナムで大規模な工業団地にある工場を貸す賃貸会社の1つとして、Kizunaはほとんどの投資家に適したお手頃な賃料の工場を提供しています。また、Kizunaの賃貸工場は100〜10,000平米までの多様な規模があり、顧客へのサービス品質が良く、法的手続きの解決にもより便利になります。