ニュース - イベント

日本企業がベトナムの人件費について知っておくべきこと

ベトナムは外国企業が生産活動発展のために投資する潜在的な目的地と見なされ、それの主な理由は、ベトナムの人件が豊富であり、人件費が安いというものです。Kizuna工場を使用している国内および海外企業に長年の人材採用サポート経験により、ベトナムの人件費について詳細にご説明いたします。

ベトナムの人件費は共通最低賃金に反映されている

1. ベトナムの人件費は一般的な最低賃金に基づき決定されているものです。

一般的な最低賃金は、役人、従業員、または政府機関に勤めている労働者によく適用されます。決議第86/2019 / QH14号によると、2020年7月1日から、共通最低賃金は1,490,000ドン/月から1,600,000ドン/月に上がっていくとのことです。

2. ベトナムの人件費は地域別に最低賃金額に基づいて規定されています

地域別の最低賃金は、労働者を雇用する企業や組織で働く労働者に適用されます。これは、企業が考慮する必要がある項目です。

政令第90/2019 / ND-CP号によると、現在のベトナムの地域別最低賃金は次のように規定されています。

-地域Iでの事業:4,420,000ドン /月

-地域IIで事業:3,920,000ドン /月

-地域IIIで事業:3,430,000ドン /月

-地域IVで事業:3,070,000ドン /月

3. ベトナムの人件費は産業別の最低賃金に基づいて規定されています

法令第90/2019 / ND-CP号によれば、ベトナムの人件費は労働者の資格に応じて、異なります。

-通常の労働条件の下で最も単純な業務を行う労働者に対し支給されること。  

-職業訓練を受けた労働者は、地域の最低賃金よりも少なくとも7%高く支払われること。

したがって、運営場所や採用要件に応じて、企業は適切な人件費を選択することを設定する必要があります。

ベトナム人労働者の時間外労働賃金、深夜労働賃金

ベトナムの人件費は一般的に高すぎないものです。ただし、生産量向上の需要を満たすために企業はより多くの労働者を雇う必要があります。これは雇用条件によって適当な賃金を調整する必要があります。

-通常日は、少なくとも基本賃金の150%が支給される。

-週休日は、少なくとも基本賃金の 200%が支給される。  

-祝日、正月、有給休暇日は 少なくとも 基本賃金の300%が支給される。

-深夜労働する労働者は、賃金単価又は通常の労働日の業務に応じ、少なくとも30%に相当する 賃金について、 追加的に支払いを受ける 。  

(出典:2021年1月1日から有効になる2019年に改正されたベトナム労働法の第98条および第106条により)

重労働・ 有害・ 危険な職・ 業務に従事する労働者の賃金

現行のベトナム労働法にはこの事件に関する公式の規制はありませんが、政令49/2013 / ND-CPによれば、

-重く、危険で危険な労働条件で働く従業員の給与は、通常の条件で同等の困難の仕事よりも少なくとも5%高くなければなりません。

-非常に厳しく、危険で危険な労働条件で働く従業員の給与は、通常の条件で同等の困難のある仕事よりも少なくとも7%高くなければなりません。

Kizunaの高品質工場では、法律問題と人事サポートについてコンサルティングさせていただきます。

Kizunaは、企業様にReady-Built工場のソリューションを提供する先駆者であることを誇りに思っています。堅固な工場デザイン、多様なサポートサービスの総合エコシステム、および生産環境保全を包括的に組み合わせたKizunaは、多くの国内・外国企業を満足させています。

ベトナム市場に初めて来ると、企業様が法的問題、行政手続、人事などに疑問を色々持っていることをよく理解しているので、レンタルサービス工場の提供だけでなく、Kizunaはフルのコンサルティングサービスをご提供いたします。英語-日本語-韓国語などの多言語対応可能のスタッフのチームがあり、ベトナム人労働者募集や人件費のアドバイスから、法律やビジネスに関連する問題まで、外国企業と長年に取引した経験を持っているKizunaは企業様に最適なレンタル工場のソリューションを提供することをお約束します。

ベトナムの人件費と人材採用の他の考慮事項をより深く理解したい場合は、すぐにKizunaにお問い合わせください!

 Kizunaのレンタル工場を借りる計画により、もっと効果的な生産活動を。