Tin tức - Sự kiện

ベトナム家具工場:家具市場は外国企業が独占しています

現在、ベトナムの経済は開発機会が多いですが、多くの産業は外国企業の餌になってしまっています。その一方、国内企業は国際市場に進出しています。それは国内市場が「ゲストハウス」になる現象の理由です。例えば、多くの家具生産工場は外国企業が独占しています。

1. ベトナムの家具製造業の発展

ホーチミン市の美術協会及び木材加工協会(Hawa)によると、2018年度にベトナムで家具の消費量の合計額は約40億米ドルでした。また、税関総局によると、輸出高は最高の89億米ドルに達し、2017年と比較して15.6%増加しました。

外国企業は木材製品の総輸出高の44%に貢献しています。そして残りの55%は国内企業です。Hawaの副社長のHuynh Van Hanh氏は木製家具の輸出が木材産業の総輸出額の47%を占め、年間成長率は10%であると述べました。

海外市場へのベトナムの木材輸出額は良好な成長率を達成しています。これは業界全体の成長に大きく貢献し、家具産業の強力な発展の証拠となります。つまり、これは国内のがより強く発展する機会です。

2. 外国企業は家具市場を独占しています

ベトナムの木材及び家具産業は強く発展し、目覚ましい成長を遂げています。国内市場は近年繁栄していて将来的にも潜在的な市場であるのに、国内企業は自国の市場を外国企業に渡している傾向があるでしょう。

ベトナムは現在、木材および家具用の木材の世界有数の輸出国です。しかしベトナムの国内市場はドイツ、フランス、日本、中国、マレーシア、タイなどの海外企業に独占されています。

台湾、中国、韓国、日本は木材に投資するプロジェクトの数が最も多い国です。これら4国のFDI企業の数は木材産業全体の63%を占めています。ベトナム産の家具は63%を占める中国製品に負けています。韓国が11%を占め、次はイタリアの家具です。

年間1人あたり21ドル以上の木製商品を消費する需要があり、ベトナムの家具市場は国際市場にとって魅力がありそうです。デンマーク、ドイツ、スウェーデンの多くの企業はベトナム市場への参入を計画しています。ヨーロッパの有名な家具ブランドであるイケアもベトナムに支店を設立しました。

3. 国内の家具企業の新しい方向

家具生産企業は生産技術を革新すべきです

すべての企業にとって、貿易とデザインに集中しながら技術革新もするのが最大の目標です。高品質の特殊な製品が造れたら、米国のような厳しい市場へ侵入する機会を得るでしょう。

価格の安定化と適切なデザイン

国内企業は市場に積極的に参入したい場合、まず市場の需要に合わせて製品の価格を安定する必要があります。他の会社と協力する場合、投資グループの形で一緒に考えましょう。

広告、PRに焦点を当てる

これはどの小売にとっても重要なステップです。より大胆な方向への進歩には消費者向けの広告戦略を立てたり、お得なポリシーを多く出す必要があります。またビジネスシステムを拡大し、国内市場を開拓することも製品を消費者に宣伝する方法です。

家具市場:外国のパートナーと協力

機会を多く得るために、ベトナムの家具生産企業は大手企業と協力して、市場シェアを獲得しましょう。外国企業との協力は、ベトナム企業が製品の品質を向上させたり、国内の消費者の好みとニーズに対応する経験をたくさん得られるようになります。