ニュース - イベント

ベトナム労働法・ベトナムに投資する際に外国企業が知っておくべき情報

情報不足により、ベトナム労働法に関する規定を十分に理解していないということで、適当な人材の採用はベトナムに投資している外国企業にとって案外に困難な問題になります。Kizuna工場を利用している企業様へ人材採用上のサポートを提供していた経験で、この記事ではベトナムの労働市場の特徴と外国企業が注意すべき労働法の留意点についてご照会します。

ベトナム人労働者の質とポテンシャル

1. ベトナム人労働者のレベル

ベトナム統計局によると、2019年末までに大学卒や専門学校卒の労働者数は23.1%に達しました。政府の促進政策のおかげで、この数は徐々に増加しています。ベトナムの労働力は非常に若いため、新しい生産環境に変更する場合、すばやく適応することができます。さらに、外国語の勉強とソフトスキルの訓練にも焦点を当てています。

ベトナム人労働力以外、出稼労働者は企業の生産と事業活動にも重要な役割を果たしています。外国人労働者向けの労働ビザ発給の政府支援対策により、外国企業は自社開発のために、専門家や技術者をベトナムに招待しやすくなっています。

2. ベトナム人労働者の年齢

ベトナム労働法に基づく労働年齢とは、男性が15歳から60歳、女性が15歳から55歳であると規定しています。最新統計データによると、ベトナム人労働人口は約5,000万人に達し、経済において極めて重要な役割を果たしているそうです。他のアジア国と比較したら、ベトナム人労働者は数が多く、人件費が安いという利点があるため、外国企業の投資フローには理想的な目的地と見なされていました。

3. ベトナム人労働者の変動が向上する傾向があります

農業・林業・漁業の比重の減少、性産業とサービス業の比重の向上という方針により、各業の労働者数分配に良い点をもたらしています。特に、加工・製造の分野に配属する労働者数は大幅に増加しているそうです。これは外国企業にとって大きなプラスポイントになります。

なぜ外国企業はベトナムの労働法を理解する必要があるのですか?

人材採用の際、企業はベトナム労働法の規定を無視しないで、注意深く理解する必要があります。

- ベトナム労働法を深く理解すると、労働者と合理的な賃金給与を交渉することができます。

- ベトナム労働法の詳細規定を深く理解すると、労働者との紛争を起こさないように、企業の権利を保護することができます。

- 各国では労働契約や雇用に関する規制が異なるので、企業は勘違いをしないように注意を払ってください。

ベトナム労働法に関する留意点

1. ベトナム労働法に基づく基本給

90/2019/ND-CP号の政令によると、ベトナムの地域別最低賃金額は以下のように規定されています。

- 地域Iの最低賃金額:4,420,000ドン(442万ドン)

- 地域IIの最低賃金額:3,920,000ドン(392万ドン)

- 地域IIIの最低賃金額:3,430,000ドン(343万ドン)

- 地域IVの最低賃金額:3,070,000ドン(307万ドン)

2. 時間外労働賃金に関する注意

ベトナム労働法によると、通常日に少なくとも150%、週休日に少なくとも 200%の時間外労働賃金額が支給されます。特に、祝日、正月、有給休暇日には少なくとも300%が支払われます。

深夜に時間外労働をする労働者について、夜間労働時間は22:00から翌日の6:00まで計算されると規定されています。この時間帯に働く労働者は、賃金単価に対し、支払を受ける賃金に基づき計算される賃金の少なくとも 30%に相当する賃金を追加的に支払われる。  

(出典:2021年1月1日から有効となる2019年に改正されたベトナム労働法98および106条により)

3. ベトナム労働法に基づく労働契約締結時の注意

内容につきまして、労働契約書には賃金額、賃金支払いの形式、賃金支払いの期限、労働時間などの労働者と使用者の基本的な情報を十分に記載されることを保証すべきです。さらに、仕事の性質と双方の合意に応じて、他の労働条件を追加する場合があります。

(出典:2021年1月1日から有効となる2019年に改正されたベトナム労働法第21条により)

正式につきまして、労働契約は3つのタイプに分類できます。

- 書面としての雇用契約書

- デジタル署名の電子雇用契約

- 口頭での雇用契約(1か月未満の雇用契約の場合)

雇用条件と開始期間によって、企業は適切な契約形式を選択する必要があります。

(出典:2021年1月1日から有効になる2019年に改正されたベトナム労働法第14条により)

Kizuna・ベトナム労働法についてサポートする国内および海外企業向けのReady-Built工場の賃貸会社

Kizunaは、企業様にReady-Built工場のソリューションを提供する先駆者であることを誇りに思っています。堅固な工場デザイン、多様なサポートサービスの総合エコシステム、およびプロフェッショナルな英日韓の多言語対応可能のスタッフを包括的に組み合わせたKizunaは、多くの国内・外国企業がよく選ばれている賃貸会社です。

ベトナム市場で事業を開始するのに企業にとって最も有利な条件を生み出すために、Kizunaはレンタル工場を借りるだけでなく、ベトナム労働法に関する問題についてのコンサルティングサービスも提供しています。このサービスで、企業様はべトナム労働法に関する規定や、人材採用に関する問題の解決策について詳しくご説明いたします。それでは、Kizunaにお問い合わせください!

Kizunaのレンタル工場を借りる計画により、もっと効果的な生産活動を。