Tin tức - Sự kiện

ベトナムで靴生産工場を借りる際に、企業は多くの発展機会が得られます

近年、ベトナムに生産工場を借りる投資家は多いです。各産業には開発するための条件があり、それらの利点もあります。付属の靴生産工場が登場していることで靴産業は新たな進歩を遂げています。

ベトナムの靴生産工場が発展機会が多いことを示す数字

ベトナムのレザー・フットウェア協会(Lefaso)のデータによると、ベトナムは世界市場へのフットウェア輸出率が中国に次いで2番目です。毎年、各種類のフットウェアは10億以上のペアを輸出しています。特に、世界のフットウェアの平均輸出価格はペアにあたり9.81米ドルでした。ただし、ベトナムのは15米ドルであり、世界平均の1.6倍です。このことから、ベトナムの靴製品の品質が大幅に向上していることが分かります。

現在、ベトナムのフットウェアは世界100か国以上に輸出されています。このうち72か国への輸出総額は100万米ドル以上でした。その中で、輸出総額が高い市場の例としては10%以上増加している米国、20%以上増加している中国、韓国、日本などです。Lefasoによると、2019年度の最初の4か月で、靴の輸出額は11億米ドル以上でした。これは2018年度の同時期と比較して11.28%増加しました。

これらはベトナムの革製フットウェア産業が強く発展できる有望な兆候です。

なぜベトナムで靴生産工場を借りるのは発展機会のある投資方法だと見なされますか?

1/ 中国経済の変動はベトナムの最大の競争相手です

ベトナムのフットウェア企業は近い将来有利になると予測されています。中国経済は大幅に変化して、中国の生産はハイテク産業に変動しているためです。靴とバッグの注文は中国ではなく、ベトナムへ注文する傾向があります。これはベトナムの靴生産工場の賃貸市場が強く促進されている理由です。

2/ 米中貿易戦争の影響 

さらに米国と中国の貿易戦争は激しくなっているので、中国の靴の輸出に大きな影響を与えます。この影響で、外国企業はベトナムでの靴生産の投資を進めています。その中に米国の主要な靴製造グループのSketcherがあり、このグループはナイキとアディダスの大手企業と激しく競争しています。そのため、昨年にこのグループは2億以上の製品を販売していました。