ニュース - イベント

ベトナム付加価値税 (VAT)・外国企業が知っておくべきこと

毎年支払わなければならないベトナム法人税以外、外国企業はベトナム市場に参入する前に、ベトナム付加価値税(VAT)にも関心を持っています。Kizuna工場を使用している国内および海外企業に長年のサポート経験により、ベトナム付加価値税に注意を払うべきことについてご紹介いたします。

ベトナム付加価値税の概要

ベトナム付加価値税または物品サービス税とは、間接ベトナム消費税の施行手段のひとつとして一般的な手法です。現行法によると、ベトナム付加価値税の計算方法は商品の種類によって異なります。

0%の付加価値税税率は、付加価値税課税対象外の輸出物品サービス、国際輸送物品サービスなどに適用されます。

5%の付加価値税率は、生産および日常生活用の水、未加工水産物、生鮮食品、および医療機器などの物品サービスに適用されます。 ...

上記の2つの項目に該当しない物品サービスには、10%の付加価値税率が適用されます。

(出典:ベトナム付加価値税法第13/2008 / QH12号の第2条、第8条により)

ベトナム付加価値税の規制に準拠した課税対象および非課税対象

ベトナム付加価値税の課税対象とは、ベトナムで生産、販売、消費に使用される商品とサービスです。

さらに、ベトナム付加価値税の非課税対象は25グループがあります。一般的なグループとは、再輸出用の一時的に輸入される商品、ベトナムの国境ゲートから他の国の国境ゲートまでの通貨貨物、海外と非関税地域の間または各非関税地域の間で交換される商品とサービス、技術移転法に基づく技術移転などです。

(出典:ベトナム付加価値税法第13/2008 / QH12号の第3条および第5条により)

ベトナムの付加価値税と注意点

1. ベトナムの輸入品に対する付加価値税

ベトナム市場での生産、販売または消費を目的として輸入された商品には付加価値税の課税対象になります。また、輸出加工区から国内市場への商品も輸入品として分類されます。この商品に対する付加価値税の計算方法は、国境ゲートでの輸入総額+輸入税+特別ベトナム消費税(ある場合)です。

(出典:ベトナム付加価値税法第13/2008 / QH12号の第7条により)

2. 輸出品に対するベトナムの付加価値税

ベトナムの法律では、輸出品とは海外への輸出品、非関税地域に位置する企業、又は免税店への販売品などです。輸出業者には0%の付加価値税が付与されます。

さらに、次は付加価値税の非課税対象の輸出品になります。

  1. 再輸出用の一時的に輸入される商品:ベトナム市場で流通のために輸入されず、第三国への輸出を目的として一時的に輸入および保管される商品。
  2. 再輸入用の一時的に輸出された商品:ベトナムに再輸入された直後に海外に持ち込まれた商品。たとえば、修理やメンテナンスのために海外に持ち込まれた機械や設備。
  3. 海外企業との契約に基づいて製造および加工された商品。

(出典:ベトナム付加価値税法第13/2008 / QH12号の第5条により)

3. ベトナムで付加価値税申告書の提出期限

企業は毎月または四半期ごとにベトナム付加価値税申告書を提出する必要があります。前年度の商品販売とサービス提供の総売上高が500億ドン以上の企業は毎月申告する必要があり、申告期限日は翌月の20日までです。それ以外、四半期ごとに申告する必要があり、次の四半期の30日までに提出するのです。

(出典:通達第156/2013/ TT-BTC号の第10条により)

ベトナム付加価値税についてサポートしているKizunaの高品質のReady-Built工場

Kizunaは、企業様にReady-Built工場のソリューションを提供する先駆者であることを誇りに思っています。堅固な工場デザイン、多様なサポートサービスの総合エコシステム、およびプロフェッショナルな英日韓の多言語対応可能スタッフを包括的に組み合わせたKizunaは、多くの国内・外国企業を満足させてきました。

Kizunaはレンタル工場の提供以外に、外国企業に対してベトナム法律やベトナム付加価値税などの税金問題もサポートしています。それでは、付加価値税およびその他の関連規制の計算方法の詳細について、Kizunaにお問い合わせください!

Kizunaのレンタル工場を借りる計画により、もっと効果的な生産活動を。

また見なさい:

ベトナム日本商工会議所

ベトナム食品安全衛生法

ベトナム繊維

ベトナムの縫製工場

ホーチミン工業団地