ニュース - イベント

電子部品の製造工場は韓国人投資家からの資金を集めています

電子部品製造業はベトナムで優先的に開発される裾野産業の1つです。この産業の発展により、他の関連産業の発展への道も開くでしょう。したがって、多くの外国人投資家はベトナムでこれらの製品の生産に投資しようとしています。特に、電子部品製造工場は韓国人投資家からの資金を集めています。

1/ 多くの韓国人投資家がベトナムの電子部品生産業に投資しています

ベトナムの電子工業は非常に成功していて、ベトナムの成長モデルを変更するのに役立ちます。

現在この産業には、Samsung, Foxconn, Intel, LG, Panasonicなどの大手企業から100億米ドル以上のFDI資本が集まっています。 それに伴い、携帯電話やテレビなどの電子製品の部品を供給する企業が徐々に出現しています。

2018年度、韓国からベトナムに投資した累積資本は625億ドルに達しました。また、ベトナムには7,459件の投資プロジェクトがあります。これにより、韓国はベトナムで最大の投資家になっています。

トップ投資家の具体的な例

現在の最大のプロジェクトはSamsungグループのベトナム 電子部品 製造工場の建設です。同社はベトナムに合計112億米ドルを投資しました。同社の主力製品は携帯電話とハイテク製品です。

さらに国内の電子工業にはIntel、LG、Canon及びPanasonicの「巨人」の「足跡」もあります。これらの「巨人」は、ベトナムに製造工場を建設しました。具体的には、LGグループは15億米ドルと一番多く資本を出しました。次はIntelが10億ドル以上、Canonが3億600万ドル、Panasonicが2億5000万ドルを投資しています。主な製品はテレビ、カラオケプレーヤー、冷蔵庫などの生活用品であり、これらを加工したり組み立てたりします。これらの企業は部品の輸入、組み立て、国内市場への供給という形で運営しています。

将来的に、大手企業は生産を拡大する傾向にあります。Samsungは2020年までに投資規模を14億米ドルから20億米ドルにします。LGグループはハイフォンに新しい製造工場を開設し、2028年までに15億ドルを複合エリアに費やす予定です。つまり、ベトナムで営業している韓国企業の数は増えています。

ベトナム 電子部品 製造工場

ベトナム 電子部品 製造工場

2/ 韓国人投資家を引き付けている魅力的な理由

実際に電子工場は多くの利点があるため、素晴らしい発展の結果を得ています。2つの主な利点は安い労働力と投資環境の魅力です。

ベトナムは経済がオーペンの国と考えられています。そしてベトナム政府は投資家に対して多くの優遇制度を出しています。特に、ベトナム政府による投資法の改正は重要なハイライトです。これにより、投資家は投資プロセスにおいてより有利になるので、ベトナムは質の高い資本をますます集めています。

さらに、ベトナムは人件費が他の場所よりもはるかに安いため、魅力的な投資先です。中国と比較して最低月給はわずか59%です。さらにベトナムの人口は9,000万人以上であり、60%が30歳以下です。これはテクノロジー企業がベトナムへの進出を加速させている理由です。そしてベトナム政府は韓国からの投資を引きつけるために色々な努力をしています。

ベトナム 電子部品 製造工場

ベトナム 電子部品 製造工場

上記の情報で、韓国企業がベトナムの市場に投資し、ベトナム 電子部品 製造工場を建設したという事実は良い兆候でしょう。ベトナムはその利点を最大限に活用し、強固な経済を続けるために、より具体的な戦略を出しましょう。

また見なさい:

ベトナム最大の工業団地

ベトナム 工業 団地 リスト

ベトナム 工業 団地 マップ