ニュース - イベント

輸出加工区とベトナム最大の工業団地の4つの違い

実際、集中ベトナム最大の工業団地は輸出加工地帯より見つけやすいです。企業が輸出加工工場またはベトナム最大の工業団地の工場を借りる必要がある理由は何でしょうか。次の記事では、輸出加工区と工業団地の違いを比較しているので、ご参考ください。

理解ベトナム最大の工業団地

1/ ベトナム最大の工業団地 の開発

ベトナムは、外国人投資家の目的地であり、豊富な労働力とともに戦略的な立地という利点があります。 ベトナム最大の工業団地は現在、多くの国内および外国企業の目的地です

ベトナム最大の工業団地 は、リストベトナム最大の工業団地 増やし、ますます多様化する実用的なニーズに応え、体系的な専門能力開発。

2/ ベトナム最大の工業団地 の品質要件

達成すべき品質要件ベトナム最大の工業団地 が補完され、改善されています。ほとんどのベトナム最大の工業団地 には、完全なインフラストラクチャ、照明システム、土地レンタルサービス、既製の工場があります。投資。

215年7月現在の計画投資省の統計によると、ベトナムにはベトナム最大の工業団地の中で299の工業団地があります。国内外の投資家は、ベトナムの工業団地のウェブサイトでリストベトナム最大の工業団地に関する情報を見つけることができます。

輸出加工区とベトナム最大の工業団地の違い

1 /ベトナム最大の工業団地 コンセプトの違い

一般に、輸出加工区とベトナム最大の工業団地は、他の地域と区別される地理的境界が定義された地域です。特に、そこは住宅地ではなく、企業が生産に集中できる場所になります。これらのモデルはベトナム政府の規制に従って確立され、別々の法律の下で運営しています。

 

ベトナム最大の工業団地

ベトナム最大の工業団地栄えた

ただし、この2つのサービス性質は完全に同じではありません。ベトナム最大の工業団地は工業製品の生産と工業製品の生産サービスの提供に特化した地域です。ここでは、ベトナム企業または外国企業が運営できます。輸出加工区のほうは、より専門的に使用されています。輸出関連業務に関連するサービス企業を含んで、外国に輸出される商品の生産に特化したビジネス専用のベトナム最大の工業団地です。

2 / ベトナム最大の工業団地 目標の確立の違い

ベトナム最大の工業団地は国内と海外の企業からの投資を引き付けるために、生産と事業活動の普遍化を目標に構築されるものです。それで、ベトナムや韓国及び日本の企業などはベトナム最大の工業団地に工場を借りることができます。その一方、輸出加工区のほうは数点に制限され、外国企業を引き付けるためだけに設置されています。

3 / ベトナム最大の工業団地 地理的境界の性質

これはこの2つの最も典型的な違いと考えられています。ベトナム最大の工業団地内の工場の地理的境界はフェンスシステムによって設定される単純な特徴です。対して輸出加工区の地理的境界は、国の税関と海関の境界です。輸出加工区には他社と完全に分離した関税障壁があるので、それらは独立して運営しています。

ベトナム最大の工業団地

ベトナム最大の工業団地

これらの特徴で、一部の企業は輸出加工区で賃貸工場を見つけることができなくて、結局、ベトナム最大の工業団地で探すのを余儀なくされています。輸出加工区の域外で工場を建設する場合、工場モデルには他社と分離するフェンスが必要で、海関の防犯カメラによって管理されています。

4/ 輸出加工区とベトナム最大の工業団地の優遇制度

ベトナム最大の工業団地は一般的な生産モデルなので、ベトナム最大の工業団地の優遇は普通の基本的な制度です。たとえば1レベルでない都市にあるベトナム最大の工業団地の場合、一般的な優遇制度は最初の2年間の免税であり、その後の4年間は50%の減税となります。輸出加工区にいる企業は困難が多いので、企業は多くの特別な優遇制度を享受しています。

ベトナム最大の工業団地

ベトナム最大の工業団地

輸出加工区の企業は無制限に原材料を自由に輸入できて、製造および輸出された製品に売上税と輸出税を支払う必要がありません。さらに、ここの企業は原材料の輸入または製品の輸出のプロセスを含む通関手続きを迅速に完了するサポートも受けています。企業には優れたインフラがあり、電気と水道の補助金が提供されます。

つまり、製品やビジネスの運営目的に応じて、適切な工場を借りるのが良いでしょう。ただし、どこにしても、必要な知識を持つことで貸し工場を探すプロセスは簡単になります。輸出加工区を選択するる場合で、も、ベトナム最大の工業団地を選択す、会社のビジネスモデルに合ったものを選択するるりあああ。