, Tin tức - Sự kiện

工業団地で機械工場を設立する3つの理由

上記に述べたように、機械工場は特殊な産業であり、生産中に常に騒音と、溶接中の煙やほこりがたくさん発生します。これは環境汚染を引き起こす要因の1つです。したがって住宅地や都市部などで機械工場を開くことは推奨されません。機械工場を開くために工業団地内にするのは最適な選択肢です。

工業団地で機械工場を設立した方が良い3つの理由

1/ 法的リスクを回避する

現在、都市部では環境汚染が広がっていますので、政府は生産、サービスなどの企業を住宅地から移動することを提唱しています。つまり、機械生産産業の各種は移転の対象となります。したがって、ここで機械工場を開く企業は受け入れられるのが難しいでしょう。意図的に建設して政府に発見されると罰せられることもあります。

さらに住宅地には標準的な排水システムがないので、そこで生産したら多くの環境上の法的障害も引き起こすでしょう。そのため、工業団地内の工場を借りることは機械会社にとって良い選択になります。

2/  企業コミュニティ間の連続性と顧客の数を増やす

企業は生産のために工業団地内の工場を借りれば他社とつながり、顧客を増やす機会があります。なぜなら工業団地では他の企業も運営しているはずです。そして、現在では多くの工場の建物が隣接しており、企業のコミュニティを形成しています。その場所で事業を展開する場合、出会って交流する機会を得たり、会議やフォーラムを開催して、そこで得られた経験をシェアしても良いでしょう。これは企業にとって有益で良い協力関係を築くことができます。

3/ 工業団地内の一般的なおトクな制度を得る

集中工業団地で機械製造工場を開設するのは大歓迎です。そのため、政府はここで運営中の企業に優遇制度を出しています。投資の目的と製品の種類に応じて企業は優遇制度を得られて、運用の最初の数年において企業に役立つサポートです。つまり、これは工業団地内の工場を借りる機械会社にとって良い選択肢であると言えるでしょう。

企業の生産場所を選ぶのは多くの要因に依存しますが、上記の情報を読んだら、機械製造工場を開くのに工業団地内の工場を選択する企業は多くなっていくでしょう。