ニュース - イベント

機械工場をうまく建設できるように企業が準備すべきこと

最適な機械工場のモデルを選択することは非常に重要です。これにより、企業の生産および活動の安定性が確保されます。換気が良く、美しい風景がある機械工場であれば、良好な環境で効率的に生産力が高くなるでしょう。しかし、機械工場を建設する前に、企業は何を準備する必要がありますか?次の記事では工場を建設する際の注意すべきことについてご紹介いたします。

機械工場を建設する前に企業が準備すべき3つの原則

現在、鉄筋コンクリートで造られた機械工場の建設はあまり使用されなくなりました。その代わりに、プレハブ鉄鋼技術で機械生産工場を建設しています。発動機があり、耐久力が強く、時間の節約などの利点があるので、プレハブ鉄鋼工場の建設が最適な対策になります。つまり、構造が良い機械工場には次の3点が必要です。

機械工場を建設する

1/ 敷地内を適切にレイアウトをすること

機械産業の特徴は溶接により多くの騒音と熱量を発生させることです。そのため、機械工場はオープンスペースにして、換気が良い場所にした方が良いでしょう。さらに、施設のレイアウトは図面に沿って作り、将来的にその工場を簡単に拡張出来るようにしておく必要があります。

2/ 建設資材についてよく理解すること

材料の知識は建物の品質に直接影響するため、非常に重要です。工場の設計ごとに異なる種類の材料を使用すると、材料を購入する際に不均一な量や過剰などの問題が発生しやすくなります。つまり、資材を受け取る際にもご注意ください。現在は英語で書かれた資材がたくさんあるので、間違えやすいでしょう。そのため、製品と納品書に記載されている製品コードをよく確認ください。

3/ 機械工場を建設するプロセスを把握すること

機械製造工場の建設プロセスをしっかりと把握することで、企業が工事中のプロセスを確認して、エラーを最小限に抑えることができます。

機械工場の建設プロセスとは、土台や基礎の部分を建設し、レベリングおよびコンパクションをしたり、鋼製垂木や屋根トラスの設置、壁の建設、工場でのコンクリートの注入、照明器具の納入やエポキシ塗料を入れることなどです。それらは建設プロセスの前提条件です。その後、投資家は以下の手続きについて特別な注意を払う必要があります。

-工場の土台を建設する段階:これは工場の重要な部分であり、工場の品質と賃料に大きく影響します。固い地盤にある建物の場合、杭を押すなど土台を補強する必要はありません。しかし泥だらけの地盤の場合は、土台を強化することが非常に重要です。そして土台にコンクリートを注いだ後も非常に注意する必要があります。通常はコンクリートが10cm〜15cmの厚さで注がれます。機械工場では多くの機械を置く本拠地であるため、耐久性が強いことが重要です。

機械工場を建設する

-スチールポール、スチール垂木を設置する段階:これも工場を建設するプロセスで重要な段階であり、工場の今後の形が決まります。したがって、スチールのレイアウトの不足や過剰を避けるために、適切に設計する必要があります。最初の柱を取り付けた後、垂木が動かないようにしっかりと固定しなければなりません。この建設段階は他の段階の展開を継続するための基礎として適切に行われなければなりません。

上記の段階をよく管理するだけではなく、機械設置チームと石工チームの建設スキルも注意を払うべき重要な要素です。

つまり、機械工場を建設する際の基本原則を理解することで、工場の品質と建設プロセスにより安心感を持つようになります。この記事があなたの企業に役立つことを願っています。