ニュース - イベント

新しい工場を建設する際に、注意すべき不利益は何か

新築工場を建設するのは簡単なことではありません。貸し工場と比較すると、新築工場のほうは自分が思っているより、高い投資資金や長い完了時間等の不利益を多く生み出すようです。下記は小規模工場を建設することにした際の6つの不利益です。

小規模工場を建設する際、6つの不利益

# 不動産を購入するコストが高い

これは、工場の建設を決定する際の最重要な問題です。製造工場は住宅のような小さくて狭い場所に建てることはできません。工場を円滑に運営するには、広い面積が必要です。現在の土地価格の上昇により、広い面積の土地を所有したいと思う場合、かなり多い投資資金が要るでしょう。このような多額の資金を用意するには、企業の資金繰りに影響を与えます。一方、同じ金額で、いつでも利用できる貸し工場を選んだら、自社のビジネスはすぐに発展できるでしょう。

小規模工場

# 不動産の価値が急に下がる、または流動性が低いのを準備する

不動産の売買は思ったほど簡単なことではありません。製造活動を拡大するため、土地の購入して、賃貸を支払って、そして土地を受け取りするのはなんとか簡単ですが、所有者の名前を変更したり、税金を払ったり、工場を建設する許可を取得したりするなどの手順は結構時間がかかって、工場を建てられるまで、長い時間で待つしかないのです。さらに、土地を購入した数ヶ月後に賃貸が上下することを予測しにくいのと、企業は流動性が低いリスクで投資すべき他の事業を遅らせる原因で、購入後の賃貸変動が生じることにご注意ください。上記の問題の原因は様々ですが、一般的には、企業は小規模工場用の土地を購入する前に、慎重に検討する必要があります。

# 関連のある税金を支払う責任がある。

事業の建設モデルに応じて、異なる税金を支払う必要があります。各国の法律も同じものではないため、税額も固定ではなく、条件によって違うことで、多くの不利益を生じる可能性が高いです。例えば、登記簿を発行してもらうため、土地利用面積報告書、付加価値税収入、税率などについての書類を提出すべきです。または、法的問題やリスクを回避できるように、企業は所在国での法律を深く理解できるチームを組む必要があります。つまり、工場を借りることにしたら、賃貸会社にからのサポートを求めて、どの企業でも心配なく、包括的な開発に集中できます。

# 工場の内外区域を修理するための費用を用意すべき。修理代は非常に高くて、予測できない場合が多い

建設中および運用中に発生する損害は避けられません。新築工場なら、建物の外側と内側の領域が損傷する可能性があり、小規模工場がうまく運行できることを保証できるように、多くの経費を使って、これらの損失を克服する必要があります。つまり、企業は設備と操作領域の設計に投資する必要があります。これにより、損失が減り、将来的に節約できるようになるでしょう。

小規模工場

# 事業目的に合わせて他のエリアに移動することは非常に困難なこと

工場を建設することにしたら、何の目的にも使わずに、更地で置いておかず、長期で使用すべきものでしょう。けれども、現在の仕事の不景気な状況で、同じ場所でそのまま続いたら、毎月ごとにお金を失うしかありませんが、他の場所に移転しても、利益なしで多額の費用がまたかかっていくでしょう。なので、貸し工場にしたら、不適切だと感じているとき、より簡単に開発できる便利な工場に移動することもできます。

# 小規模工場は経済変化の影響を受けやすい

経済が止まることはありません。偉大な発展の時代と、それとは反対の時代があります。新しい工場を建設することでビジネスを拡大することに完全に投資しない場合は、別のオプションが必要です。賃貸工場は、他の大手企業と比べたら、発展の動きがちょっと遅いかもしれませんが、中小企業に対して最適な方法です。これにより、企業はバックグラウンドを変更することでリスクを制限できます。

新築工場を建設するのは、費用のかかる強気の方法ですが、一つの企業は投資資金と十分な力や経験を持っていなければ、大きいリスクを生じる可能性が高いです。リスクを招きたくないと思ってたら、最良のサービスを感じるために、ベトナムでトップの工場を貸すサービス提供をする会社・KIZUNAにご来店ください。