ニュース - イベント

多様な規模の工場でコストを最小限に抑える

多様な規模の工場を借りる利点は最適なコストでスペースを活用できることです。したがって、多くの企業は多様な規模の工場を借りる傾向があります。具体的に多様な規模の工場が企業の工場を借りる費用の問題についてどのように解決するのでしょうか。

多様な規模の工場エリア:工場を借りる問題の解決

既成工場はさまざまなサイズで設計されるため、企業は各工場のモデルを異なる作業目的で自由に使用できます。小規模工場、中規模工場、大規模工場の3種類の工場では、企業がスペースを最大限に活用し、各工場の機能を最適化します。これにより、企業は工場を借りるコストを最小限に抑えることができます。

1/ 多様な規模の工場で建設コストを削減する

企業が多様な規模の工場を借りると建設コストを削減できます。別々の工場を借りる代わりに、多様な規模の工場であれば、企業のニーズに応じて何でも満たします。同時に、サービス工場エリア全体を借りるのは便利で、賃貸会社からの価格優遇制度も受けられます。

工場の賃貸料

一般的に、多様な規模の工場というのは工場が多様な面積のグループに分けられます。1000平米以下の小規模工場、1000~10,000平米以下の中規模工場、10,000平米以上の大規模工場の3つのグループに分類されています。企業は使用目的に基づいて、適切な工場の規模を選んで、そこに生産部門を配置します。多様な規模の工場を借りれば、工場の運営を開始する時間が短縮されます。

2/ 多様な規模の工場でスペースを最大限に活用できる

実際、多くの企業は大規模工場を借りますが、スペースを最大限に活用していません。そうすると、無駄遣いにつながるので、多様な規模の工場のモデルを選択した方が最適です。各工場のモデルは不必要な空間がないように、使用目的に応じた規模に設定されるためです。

様々な広さで設計された工場を選択する企業はスペースを最大限に活用できます。さらに、工場の面積を拡大または縮小したい場合は追加費用がいりません。一方、小規模または大規模工場にすると、多くの不便に直面しています。小規模工場ならば生産の面積が不足し、大規模工場ならば使い切れなくて無駄遣いになります。この二つの工場の面積を調整したい場合は追加費用がかかります。このような状況では企業の投資コストを増加させます。

だからこそ、多様な規模の工場は企業がコストの問題を解決するのに役立ちます。しかし、評判の良い多様な規模の工場を貸す賃貸会社が提供している価格について、多くのCEOは頭を悩ませている問題です。

工場の賃貸料

Kizunaのサービス工場は最適な賃貸料

上記の問題を解決するための経営者への提案として、最初に生産拠点を確定することです。生産事業の場所として南部を選択する場合は、KizunaJV株式会社がサービス工場を提供する賃貸会社の1つです。10年程度の運用期間を経て、多様な規模の工場を持っているこの会社は多数の企業の信頼を得ています。特に、日本と韓国の投資家はKizunaのサービスを高く評価しています。イツウェルビナ株式会社のミンジンホン氏は次のように述べていました。「KIZUNA社を選んだ理由は初期費用を最小限に抑え、発生しうるリスクも管理できるからです。そして港に近いため、物流コストの削減と工場の面積を拡大できます。また、Kizunaは事業の立ち上げや人材の採用も計画通りに運営できるように熱心に補助しています。 」

多様な規模の工場モデルは企業が工場を借りるコストを最小限に抑えるのに役立ちます。工場を借りたい場合、Kizunaは企業にとって信頼できる選択肢になり、国内と海外のパートナーによって高い評価を得ています。そして、お客様のためにお手頃な投資コストで提供して、スペースを最大限に活用しているので、お客様の利益を倍増させるのを補助しています。