ニュース - イベント

小規模工場で企業の強固な立ち上がり

中国からの生産波及効果に伴い、多くの中小外国企業はベトナムに積極的に投資しに来ました。そのうち、工業用地の賃貸料も上昇しつつあります。この状況により、既製の工場を借りたい企業がだんだん多くなりますが、どの企業でも大規模工場に投資する資本金を持っているわけではありません。そのため、中小規模貸し工場に投資することは強固なスタートだと考えられます。

中小工場建設への投資状況

多くの投資家は工業用地に貸し工場を建設して、賃貸サービス業に移行しています。工場の場所と広さに応じて価格が異なります。工業団地の貸し工場の価格は毎月1平米にあたり2.5~5ドルです。実際の使用目的に応じて投資家は適切な工場設計と広さを選択します。

中小規模工場

CBREという不動産コンサルティングおよび管理のグローバルグループによると、「ベトナムでの既成の建設工場の市場は非常に活発しています」と言いました。CBRE社は多数な顧客からの問い合わせも受けています。そのうちに、よく選ばれる要求の面積は500平米から1000平米未満の小さな面積です。つまり、小規模工場を借りるのがよく注目される傾向であると言えます。

事業を始めるために中小規模工場を選ぶ理由

1. 中小規模の工場の初期投資コストを削減すること

 企業の方針通りに確立、開発、維持するというのは企業にとっての困難で、多くの中小企業は資本金に関する問題にも直面しています。目の前の将来とは工場を建設することが恐らく前提条件です。したがって、中小規模の工場を借りることが適切な選択になります。多くの企業によると、小規模の既成工場は最大20%~30%までの初期費用が削減できます。

2. 小規模工場を借りることでリスクを軽減すること

 新規企業にとって自社のビジネス進歩は不透明な将来です。彼らの普通の最初のやり方は本番に入る前に、テスト段階として識別します。その際に、敷地を借りること、固定な工場を建設するために莫大な金額を出すことなんて非常に危険です。そして小規模工場に投資して企業の初期の起動時にリスクを制限できるようにします。また、ビジネスが安定に運営できる一定の期間後、自社の能力が十分であれば、工場の規模を拡大することは難しくありません。

中小規模工場

3. 小規模の既製工場は時間を節約し、すぐに稼働します

 実際、一軒の工場を建設することは場所の選択、敷地の借り、建設許可の取得、図面設計などのプロセスに長い時間がかかります。このプロセスはうまくできたとしても最低1年〜2年かかる場合も多いです。そうであれば企業の投資プロセスもより長い時間で計算しれなければなりません。そのため、小規模の既成工場を借りるの方が効果的な対策です。企業は正式に運用できるまでの準備が数か月しかかかりません。

ビジネスを始める最初のステップは決して簡単なものではありませんので、適切な方法を選んだら、企業の発展が強固に進歩していけます。そして、中小規模の工場に投資するのは不可欠な選択です。