28/10/2019 14:00, Tin tức - Sự kiện

多くの企業はビール生産工場を開設する計画を急いで立てています。

ベトナムはビール消費量が非常に多い国です。この現状から、この市場に投資する良い時期だと考えられています。Sabeco, Heineken, Habeco, Carlsbergなど、世界の有名なビールブランドはベトナムに既に生産工場を建てました。そして他の企業もベトナムにビール生産工場を開設する計画を急いで立てているようです。

ベトナムのビール消費市場の概要

1.ビール消費の現状

ベトナムは世界で一番ビールを消費する国ではありませんが、最も急速に成長しているビール市場の1つです。2010年以降、その市場の成長率は90%相当であり、ベトナムが7年連続でアジアの国々をリードしています。2015年度に38億リットルの消費量で、ビールの消費ランキングは世界で11位、中国と日本に次いでアジアのトップ3にランクされています。そして、この市場における競争率が徐々に増加していると評価されています。

分析データによると、2019年度にビールの1人当たりの売上はベトナム人が平均79.55ドルであり、それだけのビールを飲んだとのことです。また、ベトナムの人々は2019年度に46億リットル、2023年度まで50億リットルを飲むとされる予測があります。したがって、2023年までのベトナムのビールの売上高は77億米ドルに達するでしょう。また、ベトナムのビール市場の年間成長率は2019年~2023年の間に5.6%増加するとされています。

2.地方ではビール生産工場を開設するのに積極的に投資している

上記の情報に基づいて、ビール生産業界は現在、非常に収益の高いものであると考えられています。そして、ビール生産工場開設は多くの国内と海外企業の夢です。

近年、多くの国内企業が生産工場に急いで投資し、建築しています。Habeco社はビンフックで年間1億リットル生産可能のビール生産プロジェクトに早急に投資しています。また、2010年には年間2億リットルの生産力に拡大しました。この会社はタンホア、ハイズオン、クアンビンにもビール生産工場を建築しています。

Sabeco社はカントーでビール生産工場の生産能力を年間1,500~5,000万リットルへと上げています。また、Sài Gòn - Phú Yênのビール生産工場も同じように上がっています。年間1500~3000万リットル生産しているHa Tinhビール生産会社とその他も非常に活躍しています。

外国企業の間の生産拡大競争も激しくなっています。べトナムミルク株式会社はビール生産工場の建築に約3000億ドンを投資すると正式に発表しました。アメリカ、南アフリカ、デンマークなどの有名なビール会社もベトナムのビール市場を深く勉強したり、国内企業との合弁事業の協力で、国内および輸出向けのビール生産に資金をシェアするのを進めています。

企業はKizunaでビール生産工場を借りるのはどうでしょうか?

ベトナムのような機会の多いビール市場への投資に伴い、お互いの競争も激しくなるでしょう。それだけでなく、ビール生産工場の開設には多くの困難もあります。法的問題は投資家にとって気にしないといけない要素です。解決策は追加サービスがある適切な賃貸会社を見つけることです。Kizunaはそれらの要素を持つ賃貸会社の一つです。

Kizunaは投資家にとって多様な規模の工場の選択肢が多く、法律サービスを追加にサポートしています。それはビジネスや投資ライセンス、環境管理手続き、行政手続きや人材採用などです。

現在、Rooster Beers、Alkemia、Winking Seal、So Belgiumの4つのビール生産会社と協力しているため、Kizunaはこの業界での必要な法的手続きについて専門的な知識を持っています。このことから企業はKizunaの工場を借りる際に信頼できて、同地区にあるコミュニティのサポートも受けることができます。これはここで工場を借りることにした際の利点です。

つまり、企業がベトナムでビール生産工場を建築しようとするなら、市場の現状をよく理解して早めに開始しましょう。変動の多い市場で強固で安全な道を踏み出すために、最適な賃貸会社を見つけることが非常に重要です。