Tin tức - Sự kiện

自然換気システムは2019年度から徐々にトレンドになっています

市場の急速な成長に伴い、賃貸工場のタイプは多様になっています。各タイプの工場には特別な用途と利点があります。そのなかでも2019年度からは工場内に自然換気システムを設置するのが徐々にトレンドになっています。今回の記事ではこの換気システムに関する基本的な情報をご紹介いたします。

工場の自然換気システムとは何ですか?

換気は吸気口と排気口を適切に配置することにより作業現場環境をよく換気し、つまり工場内の空気をよく循環させるのが目的です。工場の自然換気システムを適切な方法で使用すればこの目的を達成し、工場内に新鮮な空気を取り入れたり、工場からの汚れた空気を取り除きます。これはどの企業にとっても必須です。

工場の自然換気システムの4種類

通常、換気システムの設計を決定する際に企業には2つの傾向があります。エアコンで換気システムと自然換気システムのどちらかを構築します。しかし空調換気システムの構築は費用が掛かるうえにエネルギーを大量に消費します。したがって、企業は自然換気システムを選択する傾向があります。

1/ 自然換気システム

これは、適用するのに最も簡単な換気システムの設計です。換気装置を設置する代わりに、適切な工場の設計で自然な風を作り出すことです。工場を設計する際にルーバーの吸気口と排気口を対称的に配置します。そうすれば空気の循環が行われ、換気が良くなります。この設計で一部の費用を節約できますが効果は高くなく、風向きと天候を制御するのに手間がかかります。

2/ 風洞を使用する機械的換気システム

これは工場で一般的に使用されているシステムです。動作原理は排気ファンと組み合わせたパイプによる空気取り入れの方法を使用することです。排気ファンと組み合わせたパイプは外側から新鮮な空気を各工場に吹き込みます。このシステムの利点はいつでも無料の新鮮な空気を入手できることです。

3/ 風洞を使用しない機械換気システム

これは自然換気システムに似ていますが、ルーバーだけでなく排気ファンもあります。排気ファンはルーバーの反対側の壁に配置されます。ルーバーはダストフィルター付きで外気を取り入れます。排気ファンが作動すると工場内に圧力差が生じ、新鮮な外気が排気と置換します。

4/ 工場を冷却しながら換気するシステム

新鮮な外気は冷却ファン装置によって工場に直接吹き込まれます。その時、工場内の高温で汚染された空気が押し出されて涼しい作業環境になります。利点としては投資コストが低く、エアコンを使用するのに比べて電気代はわずか10分の1です。