Tin tức - Sự kiện

企業への工場を自然に冷却する4つの方法

屋外の温度は工場内の温度よりも高いとよく考えられていますが実際はその反対です。工場は対流を伴わずに鉄骨、人体や機械からの熱量などを吸収するのです。そのため工場を冷やすための解決策を見つける必要があります。次の記事では、企業に工場を自然に冷却する4つの方法をご説明いたします。

1 /窓の多い工場の設計

これは工場を自然に冷却する最も簡単で費用対効果の高い方法です。このタイプは窓が多く設置されるため、換気が良く生産現場の明るさを保証できるものです。トタンで建てられた屋根は外側の熱量を断熱し、作業場の労働者に涼しい環境を作り出すことができます。それによって企業に効果的で効率的な生産スペースを作り、電気代も節約します。

2 /耐熱のトタン屋根と風屋根のある工場のモデル

この自然に工場を冷却する方法は投資家によってよく選ばれています。小規模の工場モデルは天井にある断熱鋼板と床にあるコンクリート壁で構成されています。屋根は断熱のトタン屋根であるため、作業場内の高い温度を下げます。

このタイプの工場は壁が高く構築されています。特にトタン屋根に換気装置が追加に設置されることで、作業スペースが涼しくて広くなる感じがします。その欠点は建設時間が長く、コストが高いことです。その一方で製造と防火に非常に優れている利点があります。屋根に換気装置を設置するデザインで、工場の換気が良くなり、カビ対策になります。投資家は工場内に換気システムを設置する費用も削減できます。

3 /工場の自然風システム

自然な換気システムとは工場内と自然環境の空気を交換するものです。このシステムはエアコンを使用せずに職場内を涼しくします。この換気システムの使用によって電力消費量を大幅に節約し、有害な空気や汚染源を排除します。これは資金が限られている企業に適した対策と見なされます。

4 /工場周辺にエコシステムを構築する

現在、工場を建築する際に投資家は周囲の環境要素に深く注意します。そうすると、一番良い工場を自然に冷却する方法だとと考えられています。良いエコシステムにしたい場合、投資家は工場の周りにたくさんの木を植えています。そうすれば現状の環境を改善し、雑音も減らし、二酸化炭素の排出量が低下し、労働者の健康が良くなります。

工場を冷却する重要性を理解して、多くの投資家は建築する前に色々な解決策を用意しています。ロンアンにあるKizunaの工場はこの目標を満たしている工場を貸す賃貸会社の1つであることを誇りに思っています。Kizunaの工場は風通しが良いだけでなく、窓が多いデザインをしています。また、工場周辺も木がいっぱいで、借主はKizunaの工場がリゾートみたいな場所に見えます。

上記の各方法は特別な特性、つまり利点と不利点がありますが、工場内の環境を冷却したり、労働者に良い作業現場を作る目標です。企業が自分に合う方法を選択できるように願っています。