22/10/2019 14:00, Tin tức - Sự kiện

500平米の工場を建築する際の知っておくべき注意点

経済の発展に伴い、多くの企業からの投資需要が増加しています。企業のニーズを満たすために、500平米又は数千平米の工場を貸す賃貸会社が多数あります。しかし、生産のための工場を自分で建築したい企業もあるでしょう。それでは500平米以上の工場を建築したい場合、企業は何に注意を払うべきでしょうか?

1 /工場の場所

建築を始める際に、請負業者は工場の場所に注意を払わなければなりません。工場の場所は風水と所有者のビジネスに影響を与えるものでしょう。つまり、工場の場所は所有者の需要に適したところにするほうが良いです。

さらに、工場の場所も企業の目標生産と運営方針に合う必要があります。たとえば、工場は資材の供給源に近いか、商品を便利に運べる輸送インフラが良く整えられているかなどの問題があるでしょう。建築し始める前に、企業は適切な工場の場所を選んでください。

2 /500平米工場の土台を準備する

工場の場所を選択出来た後、投資家は土台を築いていきます。500平米又は大規模な工場を建築する場合、土台の部分と工場の床は工場全体の負荷が掛かるので深くご注意ください。強固な土台と床であれば、企業は新築工場を効率的に活用できるでしょう。

土台部分を建てるには建物の品質と建築費用に影響します。固い地面に建てられた場合は、土台の部分はメラレウカから造られた柱などで積み上げたりします。その一方で柔らかい地面の場合は、土台の部分を強化する必要があります。つまり、どんな地面で工場を建てるかによって異なる調整方法があります。

3 /工場の塗装に注意すること

工場の塗装色は工場を風通しが良く、広く感じるようにする要素です。請負業者がエポキシの塗料で床や壁などの表面を塗ることは多いです。

工場の表面をきれいにするだけでなく、工場の美観を高めるのにも役立ちます。そして、エポキシ塗料は工場の防塵性を高めるのに役立ちます。 床面の清掃がより迅速かつ簡単になります。

4 /適切な鉄骨柱の設置

企業は500平米の工場に適する鋼柱を設置する必要があります。両端の部分が不足したり超過になってしまうことを避けるために、そのレイアウトに巧みに配置すべきです。通常、1メートルにつき約20~32キロの鋼鉄が要ります。企業の予算に応じて、適切な配分方法を考えてください。

上記の4点から、企業が工場を建築する際に役に立つ情報をたくさん手に入れられるように願っています。工場の建築は早く終わるものではないでしょう。そのため、企業は評判の良い賃貸会社を選択するほうが安心です。そうすれば工場の品質が良いのみならず、生産活動も迅速に開始できるようになります。では、企業のビジネスのご成功を!