ニュース - イベント

ベトナムの工業団地の汚染状況はまだ改善していません

国の発展を目的として、政府は国内の工業化に向けて工業団地を建設する投資家を引き付ける政策をどんどん出しています。そのため、国内および外国企業が多く集まっています。このことによりベトナムは新しい発展機会を得るようになる一方で、環境汚染の問題は頭が痛いほどにひどくなっています。実際に、ベトナムの工業団地の汚染状況はなかなか改善していません

ベトナム工業団地の汚染状況

統計データによると、2018年度の初めに全国に326箇所の工業団地があり、合計95,000 haの面積です。その中に運用中の工業団地は232箇所あり、残りの既成工業団地の運用開始率は73%でした。

工業団地の発展はベトナム経済に新たな発展機会をもたらしていると言えるでしょう。しかしベトナムで工業団地が開発されるとともに、大きな環境汚染の課題も多く生み出されています。世界銀行のデータによると、ベトナムでの環境汚染問題は年間GDPの最大5.5%と、公衆衛生項目で7億8000万ドルを失いつつあります。

環境汚染の主要な3つの原因

現在ベトナムの工業団地の環境汚染は主に水質汚染、大気汚染、固形廃棄物による汚染です。

近年の工業団地からの廃水による水質汚染の影響はとても大きく深刻です。約62%の工業団地が廃水処理システムを設置したのに、使用効果があまり高くありません。そのため、工業団地からの廃水量は他の場所からの総廃水量よりもはるかに高いです。2012年6月の時点で、工業団地からの排水の75%は毒性が高い水が排出されています。特に南東部では、その廃水量は全国の工業団地の廃水量の49%を占めています。例えば南部の主要経済圏にはホーチミン市、ドンナイ、ビンズオンがあります。そして環境規制への違反が頻繁に発生しています。

大気汚染はほとんどの場合、古くなった工業団地から発生しています。理由は時代遅れの生産技術を使用しているか、排気処理システムに投資していないからです。工業団地での大気汚染の原因は主にほこりのせいで、工業団地の一部は二酸化炭素やSO2による汚染および騒音の影響を与えているそうです。

固形廃棄物はベトナムの工業団地の主要な汚染源です。統計によると、2011年度にベトナムの工業団地は1日あたり約8000トンを排出し、年間約300万トンになったそうです。実際に、固形廃棄物量は日々増加していて、その総排出量は2020年までに年間900万トンから1350万トンに増加すると予測されています。

Kizunaの品質が高いサービス工場を借りる

環境汚染が進む状況のなかで、綺麗でグリーンなビジネス環境を見付けることは企業にとっての課題でしょう。ロンアンのKizuna工場は、高品質の工場を貸す賃貸会社と評価されています。Kizunaは環境を汚染しない綺麗で清潔な産業に投資する投資家を優先しています。それらは電子部品、機械工学、飲食店、衣服、包装などの産業です。

また、Kizunaは太陽光発電システムを使用および改善しています。このモデルは環境に優しく、燃料源の使用量を最大限に抑える対策になります。そのうえ2020年度に、KIZUNAはスマート工場のタイプを開発し始める予定です。このモデルは4.0時代における高度なテクノロジーの適用によって企業の発展を安定化させ、エネルギーや廃棄物の消費量を抑え、うまく管理するのに役立ちます。Kizunaは環境に優しく、生産形態に最適な工場を企業が探せるように願っています。

つまり、ベトナムの工業団地の環境汚染は現在における緊急の問題です。Kizunaのような清潔で効率的な工業団地モデルを提供する賃貸会社の協力が必要です。すべての企業や政府機関にはこの状況を改善するために、積極的な解決策を見付ける責任があります。今後もベトナムの経済がますます強く発展できるように願っています。