, Tin tức - Sự kiện

ベトナムに於ける機器製品加工業種の困難について

農林魚業をはじめ、旅行、サービス、交通・運輸に必要な装置全て提供する目的で機器製品加工業種発展方針はベトナムで第一優先だと見られる。現在、多くの外資会社はこの分野に投資している。例としては、Cam International 一人メンバー有限会社はシンガポールの100%の資本金を持ち、機器加工、金属加工を専門としている。この会社は現在Long An県でのKizuna工場地域で生産工場を設立した。そのため、国家はこの業種をベトナム国の先頭工業業種とするために資本金を投資すると各企業を促進している。

しかし、我が国での機器加工製品の生産分野は発展に色々な困難に直面している。

1. 投資資本不足

企業、機器生産工場は生産前の多くの資本金が必要であるが、生産周期が長くて元の資本金の回収が遅いので色々な困難に直面している。そのため、この分野に活躍している殆どの企業は戸籍での経営形式等小さいな規模で労働者数が少ないので生産した商品は単調で競争力が低い。製品は胚や金型の製造を生成せず、殆ど水圧管、溶接、シートローリングなどの単調な製品である。Ba Ria県のみで工商局により調査を行った結果によると、2016年で330の機器加工工場においては、非常に小さいな企業型であるのは97%を占める。そのうちに、70,31%の企業は資本金が10億ドン以下で、26,56%の企業は資本金が10億から百億ドンある。この数を見ると、国家はこの重点な工業種への生産資本金投資において多くの支援を与える必要がある。

cokhi2. 業種への投資は不同一である

近年、機器業界への投資は全国各県で不同一だと見られる。工商省重工業部部長のNguyen Manh Quan氏によると、全国でこの分野で活躍している53,000の生産施設のうちで3,100の機器企業がある。そのうち、約450の企業は国営企業であり、1,250の企業は集団型生産施設であり、156の工場は自営型である。その他、50%の企業は製造、組立を専門とし営業している。残り数は改修施設である。投資での 分散と不同一はこの業界の発展を促進するために生産施設間での協力と連結が強くなくなる。

3. 疎い機械

機器製品加工業界用機械及び設備は地域諸国により疎いだと見られる。そのため、生産施設は高い値のある製品を生産できるのに難しくなるので市場での競争力もある重点な製品グループを形成できていないのに繋がる。また、WTOの会員となり、FTA等商売協定への参入はASEAN諸国を始め、世界での各国と機器業界に対して競争で困難と挑戦となる。そのため、製品の品質を向上し、高い競争力のある製品を生産するために、機械の改新は投資者が早速に関心し、展開することである。

4. 人材能力が低い

殆どの労働者は基本から教育を得なく、自分で専門を勉強したので技術能力が低いだと見られる。そのため高い技術と専門能力、集中生産可能性を求める技術設備に対しては、ベトナムの労働者はまだ満足できない。これは国の機器製品加工業界の経済と生産効果に影響をかなり与える課題だと見られる。労働者に対して技術能力と専門知識を教育するのは企業が集中する緊急な課題となる。

機器加工業界に対する対策と発展方針を立てるのは国家と投資者にとっても難しい課題である。現在、国家は全国での生産施設、企業に対して支援政策を提案し、発行した。この支援で、この業界は先頭な工業業界となり、ベトナムの機器加工製品を世界へ登場できるように希望している。

By Marketing Department – Kizuna JV Corporation