, Tin tức - Sự kiện

既成の貸し工場が投資市場を引き付ける

現在の経済状況で、生産の拡大と投資は国内および外国企業の不可欠な需要です。その中で、既成工場を貸して生産を拡大するのがよく選ばれています。この形式には多くの利点があって、選択する際に企業が安心できるようになります。多くの専門家によって、これは国内および外国企業が無視できない素晴らしい機会だと考えています。

ベトナムの既成工場の市場状況

# 既成工場を探す

要求に応じて高品質の工場を選択することは早く決められるわけがありません。最適な既成工場を選択するのはかなり長い時間がかかるでしょう。田淵会社の物資部の部長の田村正樹氏は、適切な貸し工場を探すのに半年かかったという情報をシェアしました。探しに行った時に、彼はホーチミン市近郊の工業団地をたくさん調査をしました。ホーチミン市内の工場を選ばなかった理由は価格が高くて、不利益があったからです。一方、ホーチミン市近郊の工場の賃貸料はより安くて、彼のビジネスに有利な点も多いと感じます。終的に、彼はロンアンでの工場を選んで、最高の満足感を持つようになりました。その工場はタンキム工業団地にあるKIZUNA 1号であり、日本語で対応できるサポートチームもいるので、安心しました。このことにより、双方の意見を伝え、共有するのは問題なく行われました。

既成の賃貸工場

日本だけでなく、他国からの企業もこのモデルに非常に興味を持っています。Perfect Trading Total International社の社長のトニー・グロッソ氏も投資家の中の一人であり、既成工場を借りる面で最も困難なことは価格だと教えてくれました。ホーチミン市での工場の賃貸料は彼の予想外に高すぎるとのことです。安価な工場は常に市内中心部から遠く離れているものが多いです。ホーチミン市近郊の賃貸料について検索してから、彼はロンアンが最も適した場所であると感じました。そのため、トニー・グロッソ氏はKIZUNAで650平米のサービス工場を借りることにしました。KIZUNAはホーチミン市の近くにお手頃な価格を設定しているので、持っている資本で簡単に生産に投資できるようになりました。

上記の2つの情報はビジネスへの投資をするために貸工場を選んだ前例です。これにより、このモデルは国内と海外の企業が非常に関心を持っていることがわかるでしょう。

# 発展の機会が多いが長期資本が必要

ビジネス用の既成工場のモデルはますます人気になっているので、サービス工場がたくさん建てられています。ただし、国内と海外の企業のニーズを満たす高品質の工場の数は非常に少ないです。

実際、完全な標準工場モデルを借りるには時間と費用がたくさんかかります。工場を建てた費用を回収する期間は非常に長いです。開発している賃貸会社も初期資本を完全に回収するために少なくとも10年必要です。それ以外に、最初の資本は少なからず、経験豊富な他の賃貸会社と競争することも困るでしょう。

既成の賃貸工場

しかし、南ベトナムの工場を貸す賃貸会社であるKIZUNAはこの市場への投資を継続したいと思って、ホーチミン市近郊の工場の賃貸料に魅力的なサポート制度を追加します。また、既成工場は全ての顧客のニーズを満たすために小規模の200平米~500平米までの工場から大規模の10000平米の工場まで多様です。

既成の貸し工場は多くの国内外の企業が関心を持っている生産拡大の一つの形態です。その中に、ホーチミン市の近くの工場のお手頃な賃貸料があります。これにより、初期投資コストもリスクも少なくなるため、企業は安心できます。