, Tin tức - Sự kiện

ベトナムにおける外資系企業の印刷事業登録証明書

ベトナムに初めて進出する外資系企業は、事業を始めるにあたって必要とされる投資手続きとライセンスの多さに驚かされます。特に、条件付き経営投資分野である印刷業にとっては、投資登録、事業登録そしてサブライセンス(印刷事業登録証明書)がこれまでより重要になっています。

サブライセンスを必要とする産業分野の数は?

2014年の投資法では、ベトナムには267の条件付き経営投資分野がありましたが、修正されたリストでは合計5,719の業態から成る243分野に削減されています。この中には金融・銀行・医療・情報通信など、サブライセンスを必要とする様々な産業分野があります。印刷業を営む企業は、投資登録証明書(IRC)と企業登録証明書(ERC)の取得に加え、情報通信省により発行される印刷事業登録証明書の取得が必要とされます。

外資系企業がベトナムで印刷事業登録証を取得するために、どんな書類が必要?

  • 投資登録証明書
  • 印刷許可申請書
  • 印刷機器のリースまたは購入
  • 印刷装置のリスト
  • 土地使用権または工場賃貸契約の証明書
  • 防火管理台帳
  • 安全確保・秩序維持の条件を満たす企業である証明書
  • 印刷管理についての専門的訓練の証明書
  • 環境保護計画書

上記のように、印刷事業登録証を発行するために必要な特定の書類リストがありますが、ベトナムに進出する外資系企業の多くにとって、こうしたライセンスの申請は依然として困難です。その主な理由は、これらの手続きが異なる法律・政令・通達によって定められることに加え、それぞれのライセンスが異なる省庁により発行されるためです。

KIZUNAはこのような事情を理解しているため、企業様にいち早く業務を開始していただけるよう、印刷事業登録証を申請するためのカスタマーサポートサービスを提供しております。現在KIZUNAでは、有限会社小林太田レーベルベトナム様と一人有限会社インターナショナルトリミングス&レーベルズベトナム様の2社がライセンスを取得されています。ベトナムで印刷業界に進出しようとお考えの企業様は、ベストなサポートサービスをご提供するKIZUNAレンタルサービス工場に、ぜひご連絡ください。

By Marketing Department – Kizuna JV Corporation