, Tin tức - Sự kiện

標準ベトナムの製造工場に関する規則について紹介する

どんな標準で工場を選択するのかは多くの投資家が悩んでいる問題です。この問題を理解するために、次の記事で標準に基づく工場に関する4つの規則をご紹介します。

標準ベトナムの製造工場の基本的な規則

建設の分野では建物の質に関する特定の基準があります。品質が高い標準ベトナムの製造工場には次の4つの基本的な規則があります。それは屋根のドアと傾斜、基礎の部分とその耐久力、窓とドアの照明レベル、壁と障壁の耐久力です。

1. 標準ベトナムの製造工場の屋根のドアとその傾斜

2012年に公布された改正建設規則に基づき、建物を建設する際に技術の要件を満たさなければなりません。屋根と屋根のドアは標準ベトナムの製造工場にとって傾斜を確保する必要があります。標準ベトナムの製造工場の屋根の傾斜は材料に基づいて設計されています。例えば、トタン屋根シートの傾斜は15〜20%であり、瓦の屋根の傾斜は50〜60%であり、筋コンクリート屋根の斜面は5〜8%になります。

ますます多くの企業が生産プロセスに適した ベトナムの製造工場 を選択しています

2. 土台とその耐久力

建物の土台は最も重要で、特に高層工場であればより重要になります。標準ベトナムの製造工場には耐久力が強い基盤が必要です。TCVN 2737:1995の基準に基づいて、建物の基礎部分は土台より強く建てられなければなりません。基礎の部分が弱ければ、バックアップ計画が必要です。企業は建物の地下にある部分を固定したり、基盤の材料を強化するべきです。地下を造るには建物の構造に注意してください。さらに、建設現場での建物の密度を考慮する必要があります。

3. 窓とドアの照明レベル

照明は生産工場にとって非常に重要です。したがって、工場の窓とドアからの照明が十分取れないと、工場が基準に沿って建設されているとはいえません。標準ベトナムの製造工場には合理的な窓とドアが設計されています。工場の窓の高さは工場の床から2.4メートル以内にし、窓のガラスにはフレームを固定すべきです。さらに、ガラスを設置する高さは床から2.4mの高さにしなければなりません。ドアを設置する際はしっかりと固定する部品を用意してください。ドアのシステムは自動的に開けられるようになり設計する必要があります。 

ベトナムの製造工場 は多くの外国企業の選択です

4. 壁と障壁の耐久力

壁と障壁は工場の内部と外側の環境を分離するためのものです。標準ベトナムの製造工場の壁と障壁は耐久力を確保する必要があります。工場の特性、規模、使用目的に応じて、壁と障壁は別々に設計され、耐荷重の壁と障壁、自己の耐久壁およびフレーム挿入隔壁が3つの基本的なタイプです。

Kizunaの標準ベトナムの製造工場のモデル

1996年、1997年に発行され、2012年に補足されたベトナム建設法第1、2、3号の規定に準拠して、Kizuna会社の建物と工場は技術とデザインの基準を満たしています。同時に、3つのKizuna工場はロンアン省南部の主要な経済の中心地に位置しています。有利な場所にあるKizunaのサービス工場エリアは企業の 円滑な発展を確実に支援します。

Kizuna - 品質 ベトナムの製造工場 システム

企業が工場を借りるならば、Kizunaはあなたにぴったりの賃貸会社になります。Kizunaの既成工場の設計は基準を満たしており、生産の安全性を確保しています。さらに、Kizunaで工場を借りる場合、企業は無料のサポートサービスも受けられます。例えば、法律のアドバイス、経理サービス、人事サービスおよび事業登録の手続きの完了などが簡単になります。

標準ベトナムの製造工場のモデルによって企業は効率的な生産と運用プロセスを立てることができます。上記の記事で企業が工場を建設する概要を理解できることを願っています。