ニュース - イベント

加工工場を建設する際に企業が必要とする環境保護の仕組み

現在では包装業界は非常に重要な役割を果たしており、最も早い成長率です。包装業界は売買事業を大いにサポートしています。この市場の重要性を理解して、多くの企業が包装加工工場に投資しています。そして他の産業と同様に、堅実に運営するためには企業は環境保護の問題に注意を払わなければなりません。加工工場を建設する場合は企業は次のことにご注意ください。

1 /包装加工工場に消火設備および手段の設置 

現在の製造工場にとって、消火や防火の準備は非常に重要な要素です。実際に、火災や爆発事故によって大きな損失を出している企業が多いようです。そして、政府がこの項目について厳密に管理しなければならない理由でしょう。包装加工工場では主にプラスチックなどの可燃性材料が多いため、消化設備を設置することはもっと必要になります。つまり、消火設備の設置を最優先にしないといけません。

2 /日常生活の排水処理システムの構築

すべての生産活動でも日常生活に水を使用しているはずです。この日常生活の排水があるのは、労働者や従業員が毎日水を使用するからです。生活排水は環境に害を及ぼすことのない一般的な排水です。ただし生産の廃水と混合しないように、生活廃水処理システムを他の水システムと分離してください。標準的な生活廃水システムがないと、毎日使う水が環境に流れ込んで悪臭を引き起こします。したがってこのシステムは、企業が投資する必要がある最も基本的なものです。

3 /生産廃水システムを冷却するタンクの建築

紙包装技術は多くの国でよく使用されています。水は主に紙を作ったり装置を洗浄するプロセスで使用され、生産後ほとんどの水は廃水になってしまいます。この廃水は非常に汚く、毒性が高いものです。汚染物質にはリグニン誘導体に起因する色、臭気、泡、パルプや高有機物と混合する浮遊残渣などがあります。これらは空気、水、土壌環境に直接影響するので処理しないと、工場周辺の環境が深刻に汚染されてしまいます。企業は排水量のバランスを取るため、事前に冷却タンクを構築する必要があります。

4 /雨水収集排水システムの構築

企業は、雨水収集および排水システムを屋上に設置する必要があります。これが無くて雨水が屋根にたまったら工場内に漏れたり、カビが発生したり、耐久性が低下したりして工場の寿命が短くなります。

それ以外にもごみが雨水と一緒に長い間たまると不衛生になり、病気の要因が増えて発症してしまいます。そのため、企業は雨水収集および排水システムの構築を無視しないでください。

5/ 換気、耐熱、およびエアコンシステムの設置

プラスチック包装加工工場の特徴は人数が少なくて、機械が多いため、発熱量が大きいです。平均屋外温度が約30℃の場合、工場の温度は何倍も高くなります。この大きな差は作業環境と工場内にいる労働者に影響を与えるため、換気、耐熱、エアコンシステムを設置することをお勧めします。

6 /包装加工工場に吸引システムを設置

運転中のガス状廃棄物と粉塵の発生は避けられません。工場の換気システム以外に吸引システムも必要です。

包装を生産するプロセスには有害な汚染廃棄物がたくさん出ています。集塵システムはそれら有害物質を収集します。ほこりと排出物は排気処理装置に輸送されます。

そして、処理する機器はほこりを分離して排出します。有毒ガスは吸収されてから外に排出されたり、環境に有害でない物質に中和されたりします。吸引システムのおかげで生産工場はより清潔になり、通気が良くなります。 

つまり包装加工工場を運営するためには、企業は工場の設計、設置、建設に多額の費用を費やさなければならないと言えます。しかし建設後に市場の変動に適さなくなる可能性もあるので、そうなれば掛かった費用と手間が無駄になるでしょう。リスクを最小限に抑えるために工場を借りることは一番良い解決策です。そしてKizunaのサービス工場には公共施設が多くて、いつでも利用できるので賢い選択でしょう。詳細についてはKizunaに問い合わせましょう。