, Tin tức - Sự kiện

生産中の労働の安全を確保するために企業がすべきこと

労働の安全は機械製造企業が特別な注意を払う必要がある問題の1つです。労働者の安全を確保するには機械製造中に発生する不確実性から労働者を守ることです。それでは、企業が注意すべきことは何でしょうか?

労働の安全とは何ですか?

労働の安全とは、労働者の生命と健康を保護するための対策または活動の実施です。

機械工場の労働の安全は、次のように多様な方式で現れています。

-作業服

-帽子、手袋、眼鏡、安全靴

-呼吸用保護具

-防火設備など

労働の安全

労働災害のリスクを制限する方法

1/ 労働災害を引き起こす問題を迅速に解決するために予測する

機械工場で働く労働者の健康と生命を危険に引き起こす原因は多いです。労働の安全を確保するために、企業は労働災害に関する原因を次のように考慮しなければなりません。

-労働者の保護具は、品質がよくないこと。

-労働保護機器は、会社によって労働者に十分に配布されていないこと。

-機械の故障はすみやかに検出されず、感電や火災につながること。

-工場の照明条件が悪いこと。

-排気とファンのシステムが効果的に機能せず、機械の温度が高くなること。

-労働者が労働安全規則に違反すること。

-移動と輸送のプロセスを妨げる不当な工場の設置。

このように、生産工場で作業する際に労働者は多くの異なるリスクに直面しています。企業がリスクを予測すれば発生した事故を迅速に処理するための対策が出せるでしょう。そして企業は生産における財産と従業員の健康の損失を回避することができます。

労働の安全

2/ 機械工場で労働の安全を確保する方法

労働の安全を損なう原因をよく理解したら、企業はこれらの問題が発生しないように対策を講じる必要があります。機械製造企業が参照できる労働の安全を確保する方法は以下のとおりです。

-作業中の金属が飛んでくる際に目を保護するメガネを使用すること。

-大き過ぎる服を着ないように、従業員に合う服のサイズを配ること。

-作業中は時計やブレスレットやネックレス及び不要な宝飾品を外すこと。

-機械のオペレーターは手袋を着用しないこと。

-適切な保護靴を着用すること。下駄、フリップフロップの使用を避けてください.

-女性労働者の場合、髪をきちんとして、高く結ぶこと。髪と頭皮を保護するためによい品質の安全帽子を被ること。

-電源の爆発を異常に引き起こすのを防ぐために、工場の電源は経験のある人によって切ること。

-機械を慎重に操作できるように労働者を訓練すること。

-定期的に倉庫を清掃したり、機器をきちんと配置すること。

-機械、電気システム、防火システムを定期的に確認すること。

-労働安全規制を見やすいところに貼っておき、遵守しない労働者を処罰する内容を書き出すこと。

機械工場の労働の安全は非常に重要なため、工場を運営する前に企業はこのことを綿密に確認することです。そうすれば、労働者の安全のみならず、工場の円滑な運営も保証できます。