, Tin tức - Sự kiện

次の5つのことで簡単で費用対効果の高い工場を建設する

現在の経済では企業の生産拡大の需要が非常に高いです。企業の投資動向は郊外の開発された工場を探しつつあり、ホーチミン市近郊の工場を貸す賃貸会社が多数生まれています。しかし、投資家は工場を建てるか、費用対効果の高い工場を借りるかを悩んでいます。企業が工場の建設を調べているなら、次の5点をすぐに読みましょう。

費用対効果の高い工場を建設する際の留意すべき5点

1/ 費用対効果の高い工場を建設するのに影響する土地代の上昇

ホーチミン市経済大学の経済・国際事業部の副部長のフイン・フー・ギア氏はホーチミン市とその周辺の土地代は大幅に上昇していると発言しました。具体的に、土地代は2014年頭~2018年まで5年間連続で上昇し、2019年に渡っても減少する傾向が見えません。土地代が上昇するにつれて、不動産の価格も急上昇し、経済全体に大きな影響を与え、土地を購入して、費用対効果の高い工場を建設しようとする企業にも影響します。

工場のコスト削減

2/ 生産費用に圧力をかける土地代の急増

生産は土地代の急増の圧力を受ける最初の産業です。土地代が高くなるにつれて賃貸料も増加していきます。企業がモデルの工場を構築する費用を削減する目標は既に失われています。企業の初期投資計画と商品価格が変わってきます。これは企業の生産プロセスに影響を与え、通貨の価値を大幅に下げます。

一方、構築した工場が現在の市場に適さなくなり、企業は他の場所に工場を移動するための費用を費やします。そのため企業がホーチミン市近郊の工場を貸す賃貸会社を選択すれば、多額の費用を節約し、所在国について調査する時間もあるでしょう。

3/ 土地を購入し、工場を建てる際の詐欺と紛争

土地代の急激な変動は土地販売プロセスに影響を与え、土地代に関する苦情も多く発生していくでしょう。また他人の悪い欲望で、その後の紛争、訴訟、資産の不正流用などの結果が生じて、土地売買プロセスに影響を与えるのみならず、企業の利益と土地を販売する会社の両方にも影響します。

ホーチミン市近くの工場を貸す会社は多くの優遇制度を適用しています。例えば、ホーチミン市近郊の倉庫・工場の賃貸料は契約期間中に増加しないとのことです。通常の工場賃貸借契約の期間は少なくとも1年または2年であり、この優遇制度のおかげで、企業は賃貸料が増加して悪い影響を受けることなく、生産活動の安定性と発展の機会を確保できます。

4/ 不動産の不良債権が増加

土地代が高いときに土地を買うのは良いことではありません。誰もが土地を所有して生産とビジネスに投資したいと考えていますが、一部の起業家や企業は資本が不十分であるため、銀行に担保を預けて財務計画に必要な融資を受けたり、資金を借ります。そのローンを十分に管理できなくて負債させた場合は不動産の不良債権になります。企業は借金を払うために少なくとも何年、又は何十年も一生懸命に働かなければなりません。

逆に、企業は工場を借りることを選択すれば、不良債権になることを抑えられます。また、企業の資金繰りが安定し、事業投資が拡大して利益を上げることもできます。

工場のコスト削減

5/ 産業外への投資状況

一部の企業は、土地代の急増によって買った土地をより高い価格で他人に売却することを考えています。これにより、企業の事業は生産活動から不動産のビジネスに投資することになります。そして集団心理によって国の経済全体に影響を及ぼし、多くの企業が生産活動をせず、利益を得るために土地の売買をすることに集中していきます。それは強固な経済発展のやり方ではなく、不動産市場の熱が下がってくるとその悪い影響が出ます。

現在、土地代は非常に急増しており、安定する状況が見えません。そのため、この時点で企業は投資することを真剣に検討しないといけません。潜在的なリスクが非常に高いためです。事業開発のために土地を購入する代わりに、貸し工場を選択する方が安全でしょう。ホーチミン市の近くに工場を貸す賃貸会社は多く生まれ、企業に開発の機会を多くもたらします。これにより、企業は土地代に関してあまり注意しなくても、満足できる貸し工場を簡単に選択できるようになります。