, Tin tức - Sự kiện

企業向けの小規模工場を設計する4つの提案

効率的な生産のためには機械への投資に加え、工場設計も重要な要素です。優れた工場モデルなら、生産作業を迅速かつ効果的に促進できるようになるでしょう。それでは、小規模工場の設計方法について知っていますか? KIZUNAと一緒に下記の記事を読んで、4種類の良い工場モデルについて確認しましょう!

 小規模工場のモデルを設計する4つの提案

1.事務所兼小規模工場のモデル設計

工場は製品を生産する場所である一方で、事務所はデータを管理したり生産活動を調整したりする場所です。したがって、事務所兼工場の設計には請負業者と投資家の間の緊密な協力が必要です。工場の設計では材料を出し入れするので工場まで容易に輸送するようにすべきです。

作業現場は従業員の心理と労働力に影響しますが、従業員の生産能力は逆に企業の業績に影響します。事務所と組み合わせた小規模工場モデルを設計したら、投資家はより多くの費用を発生することになります。企業は生産工程に便利になるように設計し、従業員にとって理想的な作業現場を与える必要があります。また、この工場の設計で従業員は生産の進捗状況が直接に監視できるのと、企業も自社の生産効率について改善対策が出せます。

2.事前設計された鉄骨工場

事前に設計された鉄骨工場は図面に従って設計された工場です。工事する際の部品は別の工場で製造され、完了後のものを工事場所に出荷され、完全に組み立てられます。事前に設計された鉄骨工場は倉庫やスーパーや住宅などの建物に適切な設計です。

この提案の大きな利点は工場の広さが簡単に拡大できることです。同時に、投資家が現在地にある工場の場所を変更したい場合は他の場所に簡単に移行します。事前に設計された小規模鉄骨工場を建設したら、かなり多くの費用を節約できます。

3.鉄筋コンクリート工場

この工場建設の顕著な特徴は建物全体が頑丈な鉄筋コンクリートで作られていることです。 使用目的に応じて、材料の選択と設計は異なります。

メインな材料は鉄筋コンクリートですが、工場の屋根は熱量と騒音を防ぐための断熱する階層を設置しておきます。この構造により、工場建設は高い生産工程と環境の変化に耐えることができます。

4.緑と湖を組み合わせた工場

これはエコシステム統合設計の一種です。小規模工場のモデルなら、機械ばかりで、ほこりっぽく、うるさい場所であることについてよく考えられていますが、このモデルにより労働者は専用工場で働けます。工場を囲む緑や湖のおかげで工場周辺の雰囲気は非常に涼しくなります。

この設計では工場周辺のエコシステムを構築するために費用を費やしますが、労働者の生産能力が向上できます。そのため、製造される製品の品質と産量も増加していきます。この小規模工場モデルは企業に長期的な効率ももたらします。

前述の通りに、工場設計は企業の発展にとって非常に重要なものです。もしあなたはどのような設計にするのにまだ迷っている場合は、最良のサービス工場を提供する賃貸会社・Kizunaに来てください。Kizunaの工場システムは企業に近代的で安定した生産環境を提供しています。