, Tin tức - Sự kiện

スマート工場の4つの発展段階

スマート工場のモデルが登場した理由

最初に最も重要なことは、スマート工場は主にデータに関するものであることをメーカーが理解する必要があります。4.0のテクノロジー革命の前に企業は手動の方法でデータを収集していますが、最近ではスマート工場がその仕事をやってくれます。

工業産業が拡大しているにつれて、手動による方法は適切ではなくなり、徐々にですが段階的に廃止されています。スマート工場の登場は第三次産業革命の進歩に基づいて、段々と不可欠になっています。これは機械およびアプリからデータを収集する自動化操作などです。したがって、データの開発に基づいてのスマート工場の開発です。新しいテクノロジーは生のデータを論理プロセスに変えて、企業の生産効率を向上させます。

スマート製造機械の4つの発展ステップ

#ステップ1:データは初歩的で使用可能です

スマート工場の最初のステップのシステムには解決すべき多くの問題があります。このステップ1では工場が必要とするデータがすでに利用可能です。しかし、これらはまだ簡単に使えない原始的なデータソースです。これらのデータは独立したシステムに保存され、企業は手動で有用なものにする必要があります。ステップ1でこの問題を解決するには非常に時間、費用、労力がかかります。各企業は独自の有用なデータソースを持つように、他社と戦わなければなりません。

#ステップ2:完全なシステムの構築

この段階では上記のステージ1で収集したデータを統合します。データシステムはデータソースに基づいて相互接続する必要があります。そのおかげでデータの操作がよりスムーズになり、エンジニアはシステム内のデータにアクセスしてエラーや故障などを見つけることができます。簡単なアクセスにより、発生したエラーが迅速に解決され、損傷が最小限に抑えられ、工場の生産能力が向上します。さらにこのシステムのおかげで、エンジニアは品質、生産材料を変更し、ビジネス戦略に簡単に適用できます。

#ステップ3:データシステムを運用する

ステップ3では、企業は発生した事故を解決する代わりに、起こりうる問題を分析して予防措置を出すことになります。このデータシステムにより、企業は将来発生しうる問題を予測し、発生する前に迅速に修正できます。このようなシステムを構築するにはスマート機械と人工知能が適用されます。それらの機械は利用可能な情報の資源と操作中に得られた情報から学習し、事業の性質に応じて、約2〜3か月かかります。学習後、スマート機械は利用可能な情報に基づいて高精度の予測を行います。そのおかげで、企業が生産の問題を解決するための最大限のサポートが得られます。

ステップ4:機械学習データに基づく開発オリエンテーション

ステージ4では、機械システムは生産中にデータを分析してその情報をもとに推奨します。たとえば、人工知能システムは生産ラインの運用プロセスを分析してから、企業にこの生産ラインを最適化する方法を通知します。企業の同意があれば、このシステムは自動的に迅速かつ完全に展開します。そのため、データメモリに大きなストレージスペースが必要です。また、企業に予測とアドバイスをするために必要な情報を収集する時間が必要です。

上記はスマート工場の4つの開発段階でした。4つの段階の全てにおいて工場を構築することは簡単ではありません。円滑な運用を確保するために、時間と資本金を徹底的に準備する必要があります。