, Tin tức - Sự kiện

あなたのための基本的な小規模工場モデルの4つの提案

近年、賃貸工場を建設するのは新しいビジネスの動向になっています。これにより国内および外国企業が土地を借りる際の問題を解決するのに役立ちます。生産規模に応じて、企業は適切な賃貸工場エリアを選択します。実際、小規模工場モデルは投資家によく選ばれる選択肢です。

工場を分類する基礎

小規模または大規模の工場に関係なく、工場設計者は投資家の使用方法と生産活動の需要に基づいて、下記のように3種類のデザインを作成していきます。

-建設資材によって区別される工場設計モデル

--使用能力と目的に応じる

-工場の高さに応じる設計

上記のことに基づいて、投資家は自社に適した工場モデルを選択します。

現在、一番人気のある小規模工場モデルの4つの提案

断熱するトタン屋根と壁が合わせる工場

 多くの投資家はこの工場モデルに関心を持っています。小規模工場モデルは上部にある鋼板とその周りのコンクリート壁がセットになります。そして、他の利点は高さが約3.5メートルで、通気性と堅牢性が良いと感じられ、屋根が断熱するトタン材料であるため、作業場に入るときに涼しくなります。上記の要因により、この工場モデルは建物が摩耗される状態を減らすのに役立ちます。

 鉄骨とトタン屋根の小規模工場のモデル

小規模工場モデル

これは屋根と壁の両方がトタン材料で使用される小規模工場モデルです。したがって、工場全体を見ると、工場はきつくて、換気が弱いものだと見えますが、多くの企業はこのタイプの工場を材料の保管や機械の設置の場所にします。この工場の顕著な利点はコストが低く、建設時間が短いことで、外部からの騒音と熱量も制限しています。特に、ビジネスを拡大する必要がある場合、デザインを簡単かつ便利に変更します。

高い鉄骨フレームと換気屋根を持つ小規模工場のモデル

 このタイプの工場には壁が非常に高く構築され、換気が良いトタン屋根のデザインも設置されることが分かります。広くて、風通しの良い作業スペースが感じられますが、建設時間が長く、コストが高いのは制限になります。その一方、火災防止や生産活動がうまく運営できるように非常に役立つのが利点です。上部に設計される換気屋根のおかげで、工場はいつでも風通しが良く、カビ対策になります。また、所有者は内部の排気ファンシステムの設置費用を削減できます。