, Tin tức - Sự kiện

4.0時代におけるベトナム機械工業の機会と課題

ベトナムの機械工学産業が持っている4つの機会

1. 最新のテクノロジーへのアプローチ

ベトナムでは競争力のある賃料と豊富な人材が高く評価されています。豊富な人的資源にもかかわらず、優秀な労働力の状況は十分ではありません。2014年度の一般統計局の報告によると、製造業と加工業では、優秀な従業員の総数はわずか9%を占めているに過ぎません。この数は先進国と比べて非常に小さく、先進国のその割合は最大で40〜60%です。人材の能力が余り高くないことに連れて、市場での競争力も低くなります。ただし、4.0テクノロジー革命の到来により、トレーニング方法の改革が推進されています。同様に、企業が新しい情報にアクセスできるように新しいポリシーが開始されています。それ以来、人的資源の質は向上し、ベトナムの機械工学産業向けの高度な技術を受けています。

2. リスクと費用を削減する

ハイテクへのアクセスにより、企業は商品を生産する際のリスクを最小限に抑えることができます。まず、商品を生産するプロセスが最適化され、生産される商品の量は顧客の需要にますます応えています。第二に、テクノロジーのアプリによって繰り返す作業が人間の労働力を徐々に置き換えています。そのため、人材雇用コストを大幅に削減し、従業員の数を増やさなくても良いでしょう。そのうえこの方法で、不良生産の発生も制限し、同種の製品も多く製造することができます。

さらに、新規企業は常に評判の良い賃貸会社から機械工場を借りています。貸し工場にする利点は建設時間の短縮、迅速な生産開始及び不動産購入に伴うリスクの回避などです。つまり、生産リスクの削減とコストの最適化は、企業が市場で競争力のある地位を確立するのに役立ちます。

3. ベトナムの機械工学産業の優先政策

4.0時代の技術は、労働者が職業上の資格を向上させて、職場で簡単に適応できるようにします。企業も消費者に役立つ多くの知的製品を生み出します。中小規模の工場では最新の機械を設置したら、生産力も向上しているでしょう。ベトナムの機械工学産業の発展につれて加工産業、農産物などの産業の改善につながっていきます。ベトナムの住民たちの財務状況が強化され、実際のニーズを満たすようになります。

4. 豊富な資源

ベトナムには鉄、鋼などの原料が豊富にあります。ただし、これらの資源は未処理のままであり、自国での利用と処理の技術を待っています。4.0テクノロジーが適用されれば原材料の採掘と処理が非常に簡単になるので、企業は海外からの輸入コストを最小限に抑えることができます。機械工学は最も重要な産業と見なされていますが、現実に多くの困難に直面しています。

ベトナムの機械工学産業が直面している顕著な4つの課題

1. 人材不足の状況を解決する

ベトナムの技術レベルはまだ制限されており、適切に投資されていません。労働者は積極的に専門書を読んだり、学習しなければなりません。彼らには実践的に練習できる環境があまりありません。そのうえ、国内の労働者は創造力があまりなくて、お互いを助けて、発展する意思を持っていない状態です。

2. ビジネス戦略モデル

外国投資家のビジネスモデルはベトナムで常に困難に直面しています。国内企業と外国企業の間に不公平な関係があり、不公正なビジネス戦略も多いです。さらに、国内の法律と福祉制度も開発に影響します。

そのため、多くの外国企業が生産のために機械工場を借りることにしました。品質の高い工場を貸す賃貸会社には常に優先サポートサービスが付いています。その中に企業の法的手続きのサポートも含まれています。このサポートサービスにより、外国企業は時間を節約し、法的リスクを回避できます。

3. 投資資金の不足

維持および開発するために、企業は人的資源と広告に投資したり、生産効率を高めるための機械技術にも投資する必要があります。ただし、高い購入コストと投資資金の不足は企業にとって負担となるので、多くの企業が機械工場を借りることにします。企業が市場にすぐに参入できるようにするだけでなく、企業の資金繰りを安定させるのにも役立ちます。

4. 開発の視点

政府の制度とトレーニング計画のシステムは企業と省の間でまだ一貫性がありません。そのうえ、管理構造はまだ大雑把で手作業であり、多くの時間がかかります。現在の提案は統一されておらず、深く実装されていません。それゆえ、当事者の時間とお金の無駄を引き起こしています。

ベトナムの機械工学産業の困難により、企業と国の観点を統一しなければなりません。現実に適した評価、管理、職業証明書のシステムを同化することです。企業が手頃で最適な機械工場を購入または借りれるように、土地を改修および計画します。