, Tin tức - Sự kiện

ベトナムでの機械産業の3つの不利益

ベトナムでの機械産業の3つの不利益

機械工場を借りるのは企業の生産量にとって決定的に重要な活動です。これは作業員の労働能力に直接影響するので、市場に供給される製品の数も決定されます。しかし、ベトナムの機械産業の発展を妨げている原因は多いです。次の記事ではこの問題に関する詳細情報を企業に提供します。

1. 余裕のない資金予算

機械産業は重工業なので、資金予算も膨大です。これは国内の大多数の機械企業にとって難しい問題です。機械製品の資金繰りは非常に長くて、多額の資金を投資するのはリスクが高くなります。したがって、ほとんどの国内企業、又は機械製造会社は小さくて、少ない資金で生産工場のための敷地を借りるのには多くの困難に直面します。設備が足りないため、生産力も低くなり、機械製造活動に直接影響します。

2016年度のブンタウ省の産業貿易省の調査によると、330件の機械製造会社のほとんどは小規模企業でした。投資家の対象の機械工場は面積が狭くてデザインが綺麗ではない物件であるにもかかわらず、それらの賃料は必ずしも安いわけではありません。

  1. ベトナムの機械産業への投資の不備

ベトナムの機械産業へ部・省からの投資は一切されておらず、結果的に効率が低下しています。そして、各省や地域には品質と賃料の差が発生して、機械産業内の色々な分野への投資も均等に分散されていません。

産業貿易省によると、全国に約53,000件の機械製造工場があり、その中に企業の数が3100もあります。しかし、その中の半分が組立や製造に特化しています。残りは小規模の修理会社であり、機械工場を借りています。製品を生産するうえでの連続性がなかったため、業界全体の発展に統一性が生まれたわけではありません。

  1. 時代遅れの技術

国内の工学技術が他の国と比べて古くなってきます。これは生産材料を無駄に消費し、国際舞台でのベトナムの機械産業の競争力を低下させています。言うまでもなく、工場の時代遅れの設計のせいで施設と労働条件の面で大きな制限もあります。経済統合の状況では国内の機械産業は色々な技術改善の問題に直面しています。企業が生き残り、発展するためには機械工場を借りる賃料を含む費用を最小限にしなければなりません。

企業のコストを削減できるように、Kizunaは良質で手頃な賃料でサービス工場を貸しています。工場は重要な交通ルートに接続された便利な場所に建設されています。工場内での排水と設備が労働者の労働条件を保証します。工場の建築を最適化するだけでなく、Kizunaには経験が豊富なスタッフもいます。

現在、ベトナムの機械産業の技術も繁栄しており、資本投資政策により予算が多く集められています。しかし、機械産業が本当に発展し、国内のGDPに大きく貢献するためには、多くのイノベーションが必要です。機械産業の発展を妨げる不利な点を排除するための実用的な対策を講じるべきです。 そうすれば、近い将来にベトナムの機械産業が大きな進歩を遂げることは間違いありません。