, Tin tức - Sự kiện

工場が3つの基準を満たす機械工場を貸す賃貸会社を選択してください

機械工場の建設には多くの時間と費用がかかります。したがって、多くの企業は機械工場を貸す賃貸会社を選択します。しかし、これらの工場モデルについて、企業はどのような基準に基づいて機械工場の品質を評価するべきでしょうか?以下の記事から企業は高品質の工場に必要な基準についてご参考ください。

次の3点の基準を満たす機械工場を貸す賃貸会社を選択すること。

1/ 騒音の基準

環境保護法の第37条第2項では生産工場から放出される騒音の基準に関する詳細な規制が記載されています。

「以下の場合の生産工場または倉庫は、居住地域に配置せずに、居住地域から環境的に安全な距離ですること。」

a)可燃性および爆発性の物質がある。

b)放射性物質または強い放射線がある。

c)人間や家畜などの健康に有害物質がある。

d)人の健康に悪影響を及ぼす悪臭の拡散。

đ)深刻な水源の汚染。

e)騒音を出し、規定の基準を超えた粉塵とガスを拡散させる。

機械工場を貸す

機械工場から放出される雑音は人々の生活に影響を与えるため、住民はあなたの企業を地方政府に訴えることができます。調査した結果、騒音が大きすぎる場合、企業は200万から1億ドンの罰金を取られてしまいます。また、政府は企業に騒音を改善する対策を強制します。そうしなれば、企業は工場の移転を余儀なくされます。

有名な工場を貸す賃貸会社は工業地帯にある工場を手配します。そのため、住宅地内の騒音制限だけでなく、工業団地内の共有設置もあります。

2/ 排出の基準

政府は粉塵と無機物質に関するQCVN19:2009/BTNMT規制と有機物質に関するQCVN20:2009/BTNMT規制を発行しています。そこには工場でのガス廃棄物の基準について明確に記載されています。これらの廃棄物は汚染を引き起こす恐れがあり、規定された基準値を超えたら、健康に影響を及ぼすリスクがあります。

ガス廃棄物を環境に排出する前に機械生産工場では規定された基準を守る必要があります。排出量を定期的に検査して評価する機関があります。企業は生産とビジネスを停止されたくなければ、決められた基準を守ってください。

3/ 防火の基準

機械工場を貸す

79/2014/ND-CPの政令では防火および消防法の実施について詳述しているので、工場、特に、機械工場を運営している企業は防火および消火に関する安全要件を満たすべきです。この要件は生産工場の運営期間中に維持する必要があります。それだけでなく、防火と消火の責任も負わなければなりません。企業がその条件を十分に満たせば火災事故を減らし、状況をできるだけ早く克服して、損失を最小限に抑えることができます。

上記は賃貸会社の機械工場の品質を評価するのに役立つ3つの基準です。それらは工場の利益と周辺の人々の安全性に直接影響するので、企業が適切かつ完全に遵守しなければ政府から制裁されて、機械工場の操業を停止する制度もあります。