, Tin tức - Sự kiện

既成工場を借りることで、コスト減少の3種類

現在、コスト削減のために、既成工場を借りることを選択する企業が多いです。その状況で貸し工場を借りる費用は工場を建設するのよりいくらの差がありますか?その差で企業にとってのメリットは何ですか?そのことについて、KIZUNAの記事でリストしています。

既成工場を借りる際に企業が節約できる3種類の費用

1/ 既成工場を貸す基本の賃貸料の項目

基本的な建設費の項目には、材料および技術施設、セキュリティシステムなどが含まれます。典型的な詳細は次の4つの項目にご参考ください。

-建築材料の保管所を建てる費用

-新工場とフェンスを建設する費用

-工場資産を保護するためのセキュリティシステムを設定すること

-道路システムを改善、または改修すること

既成工場を借りる

工場を建設するとき、新しい材料倉庫を建設する費用は一番重要です。建築面積は1500平米以上で、壁の高さは7.5メートル以上になります。また、一般的な倉庫または工場はプレハブの鉄骨建物の形で設計され、工場建設の際の時間が早く重量が軽く支持力が良いものです。ただし、このタイプの倉庫の建設コストは1平米にあたり1,350,000~1,550,000ドン(約6300~7200円相当)です。 その一方、貸し倉庫の賃貸料は毎月1平米にあたり50,000~65,000ドン(約232~302円相当)のみです。そのため、新築工場と比較して既成工場を借りる方がはるかに安くなります。

新しい工場を建設する費用が高いうえに周囲の壁およびセキュリティシステムも設置すべきでしょう。工場建設完成後の人件費なども必要であるのは言うまでもなく、セキュリティシステムを設置する費用は産業規模として小さくありません。セキュリティシステムを完成させたら、また道路システムを構築する必要があります。既成工場を借りるとき、すべての基本的な組織構造は適切に配置されていますので、企業は待たずに生産プロセスに積極的に参加できます。

2/ 流れ作業の機械の設置費

工場を建設完了するのは生産プロセスの準備段階の一歩です。企業は生産するための機械も買わないといけません。高い工場の建設費用に加え、技術流れ作業機械を設置するための追加経費を出さないといけません。新規企業にとって、運営中に資本金が不足になってしまうのは大きな圧力で、建設用の資本金について慎重に検討してください。これらの費用は企業にとって非常に重要な位置を占めています。

建設費と流れ作業の機械の購入費用は削減できません。悪い機械を購入してしまうと製品の品質と自社の競争力に影響を与えるものです。工場を建設する際の基金を減少してしまうと工場の構造が安全ではなくなります。企業が費用を最小限に抑えるための対策は高品質の既成工場を借りることです。

さらに、既成工場にはデザインから規模まで多様なので、企業は家具製造工場やスポーツ靴製造工場など多くの選択肢が選べるようになります。

既成工場を借りる

3/ 管理および人件費

建設システム全体を完了した後、管理人や人件が必要であるでしょう。普通に大規模モデルはもちろん、中小企業も営業部と経理・人事部と生産部の3つの基本的な部門が必要です。そこから、人件費の割り当ての費用も膨大であることがわかるでしょう。上記の費用を足してみたら自社の予算が最大数十億ドンが必要になります。工場を借りることにしたら、工場警備員の給料を含んで、毎月たったの数億しか必要ありません。

企業へのアドバイスは企業にとって多くのコストを節約するために、既成工場を借りる方がよいとのことです。賃貸会社のKizunaは貸し工場の分野で長年の経験を持っているため、信頼できる一つの会社になります。企業は当社の賃貸サービスを使用している際に、良い体験を感じれるように色々サービスを提供しています。