, Tin tức - Sự kiện

下記の3つの要素を持つ賃貸会社に工場を借りたほうが良い

製造工程を開発するため、貸し工場を選択するのは、中小企業にとって非常に良い決断です。ただし、どの賃貸会社に信用してもよいわけはありません。KIZUNAは貸し工場の必要な条件について、ご紹介致します。

賃貸会社が持つべき3つの要素

# 法律の支援

普通の住宅のように、工場にも解決すべき法的問題があり、製造工場として運営できるというのは税金の支払い、登記簿の登録、その他の証明書などのすべてを完了しないといけません。これらは、工場所有者から受け取る必要があるものです。

貸し工場

工場を借りるうちに、未解決の法的問題を避けた方が良いと思います。小さい問題であれば、なんとか解決方法がありますが、その一方、企業の活動のすべてが停止される可能性もあるでしょう。そのため、円滑な運営を確保するために、法的問題に関して全面的にどこかの会社にサポートを要求するのがお勧めです。

現在、多様な賃貸会社はどんどん登場していきます。その一つはKIZUNAという賃貸会社です。この会社は、初期の法的手続き(投資証明書や登記簿登録等)をサポートするだけではなく、専門知識の高いコンサルタントチームがあり、運用の最中に顧客をいつでもサポートしております。

# 情報提供の支援

これは製造工場を選択する際のあなたの権利です。工場の所有者は、工場に関するすべての必要な情報を提供する義務があります。契約を結ぶ前に、工場の情報、自分の権利と義務をよく確認しておいてください。建築許可書、土地登記証明書、および其の他関連する項目を自分が確認するために要求したら、工場を借りるプロセスに関して安心感を持つようになるでしょう。

正式な契約とは、有効期間や賃貸料やその他の発生した費用(があれば)それについてすべて書いてあるものです。工場を引き継ぐ際、あなたは損傷のないように、工場を掃除したり、物を片付けたり、電気および水道システムを設置したりするなどのテナントを要求する権利があります。そして、請求される金額を支払う義務のみで、それ以外の義務はありません。特に、企業は商品を運送するのに適するかどうか、工場周辺の道路システムなどの構造についても慎重に調べる必要があります。


# 募集、倉庫、フォークリフトをかしてくれるなどの豊富な追加サービス

貸し工場

一つの企業の魅力を高めるために、賃貸会社は豊富な追加サービスを提供しているようです。これらのサービスを利用したら、あなたの事業にとって必要で、便利になるかもしれませんが、追加サービスとは、人材の募集、倉庫やフォークリフトのレンタル等をサポートしているとのことです。そのような追加サービスのある貸し工場を選択したら、色々なお得の価格を手配していただけるからです。または、其の他のおまけを無料でサービスをしていただける場合もあります。つまり、将来的にこのようなサービスを利用したら、企業は費用のみならず、時間も節約できます。

現在、工場を貸すサービスは国内も海外も人気になりつつあり、企業にとって利益をもたらす競争方法と見られていますので、自社のビジネスに多くの利点をもたらすため、貸し工場のことについてきちんと調べるべきです。