, Tin tức - Sự kiện

デジタルトランスフォーメーションがベトナム経済にもたらす3つの効果

コンピュータ化局は、2019年8月に全国のデジタルトランスフォーメーションの草案を直接調査および策定するために、情報通信省によって割り当てられました。確かに、全国のデジタルトランスフォーメーションは多くの企業や産業にとって良い機会を生み出すでしょう。それに加えて、工業団地の貸し工場の市場も発展していく可能性が高いです。

デジタルトランスフォーメーションとは何ですか?

digital-9671-1557720941.webp

4.0時代には、デジタルトランスフォーメーションの概念がより一般的になっています。4.0の時代は、デジタル産業、デジタル社会、デジタル経済と連携しなければなりません。このモデルは実際には多くの定義がありますが、グエン・スアン・プック首相によると、この変革の性質を強調する次の3つの概念があります。

# デジタルトランスフォーメーションとは、デジタルテクノロジーを使用してビジネスモデルを変更し、新しい収益と価値の機会を創出することです。(ガートナーによる)

# デジタルトランスフォーメーションとは、組織の再考であり、人件とデータ資源と生産プロセスを結び付けて、顧客に新しい価値を生み出し、デジタルの世界で競争上の優位性を維持します。(Microsoftによる)

デジタルトランスフォーメーションとは、生活と社会へのデジタルテクノロジーの適用に関連する全体的な変化であり、人間の生き方、働き方、相互作用のあり方を変えます。(techopedia.comによる)

つまり、デジタルトランスフォーメーションは全体的な作業であると言えます。私たちはすべての分野、産業、個人、または企業にわたって変革します。順応性や変化戦略がない場合、企業や個人は時代遅れになります。この変化は、ベトナムの経済に良い影響を与えるので、絶対にやらないといけません。

ベトナム経済にもたらすデジタル変革の3つの効果

1 /国の成長をつくる

デジタルトランスフォーメーションの特徴は経済発展に最新の科学と技術的思考を使用することです。すべての分野、職業にデジタル技術を適用する必要があります。そのため、経済は確実に大きな進歩を遂げるため、そこから国の成長に貢献するでしょう。実際、先進国はこの変革のおかげで急速に成長していることがわかります。2017年度に、アジア太平洋地域におけるマイクロソフトとIDGの調査によると、2017年度にデジタルトランスフォーメーションのGDPへの貢献率は約6%を占めました。2019年までに25%になると予測されており、2021年までに約60%を占めるでしょう。

photo-1-1513068015712.jpg

コンピューター化局の代表のMcKinsey&Companyのデータによると、米国のGDPへのデジタルトランスフォーメーションの貢献率は25.3%です。ブラジルでは約35%、ヨーロッパは36.2%、オーストラリアは44.1%です。そのため、ベトナムは世界のこの傾向に従う必要があり、その後に国の経済も成長していくでしょう。主導権を握るには工業団地の貸し工場を拡大し、より近代的なビジネスモデルを開発する必要があります。

2 /労働生産性の向上

テクノロジーのアプリにより、デジタルトランスフォーメーションは機械システム、プログラミングをします。これも人間が効果的に考えたり活動したりすることで、労働生産性に与える値が多くなるでしょう。以前は1時間内に100個の製品を作りましたが、デジタルトランスフォーメーションにより、生産性が100~200倍になっています。統計によると、アジア太平洋地域では、2018年度のデジタルトランスフォーメーションの影響で、労働生産性が約15%増加して、2020年度までに21%増加すると予想されています。

3 /雇用構造の変更

デジタルトランスフォーメーションは雇用構造に直接影響を与えます。生産ラインシステムは手作業の代わりに組み立てられます。工業団地の貸し工場を通じて、特区と生産の専用区が設立されているので、悪い工場は使用されなくなります。デジタルテクノロジーのアプリにより、社会全体が変化しているので、雇用構造も必然的に変化しなければなりません。

高度な技術レベルを必要とする産業が生まれて、多くの手作業の職業は消えていきます。具体的に3年後は85%の職種を変更し、変革する必要があります。その中で32%の職種は労働者が訓練を受け、働くためのスキルを向上させることを必要とします。26%の新規職種が生み出され、この変化の影響により、27%の職種が消えるとされています。

つまり、デジタルトランスフォーメーションは個人や工業団地内の工場を借りる企業の話だけではなく、それはビジネスに参入するすべての産業、分野の話です。2019年8月の国家プロジェクトが承認され、実施プロセスが加速されることを願っています。