, Tin tức - Sự kiện

1000平米の工場を選ぶときに知っておいた方が良い3つの留意点

企業は、自社の製造工程に最適な貸し工場をどのように選べるでしょうか?Kizunaと一緒に1000平米の工場を選ぶときに知っておくべきことについて学びましょう。

貸し工場を選ぶときの知っておくべき3つの留意点

# 一年ごとの貸し工場賃貸の増加を推定

あなたが工場を借りる賃貸は毎年変動しており、減少するのではなく増加する傾向が高いですが、この変動の差は予測できません。したがって、最悪なことに賃貸が増加すぎた場合、その場の予算を立てる必要があります。そうしないと、賃貸料が増加し始めるたら、1000平米の工場は多くの障害に直面するでしょう。毎年コストが上昇するリスクを減少するため、以下の対策をご参考ください。

1000平米の工場

策1策:賃貸料を推定するための費用、収益および利益の分析

-ステップ1:自社の総収入と税引後の利益を良く理解していること。残額を計算し、収益と支出を測定完了後、事業開発に使用される金額と予算金額を分ける。

-ステップ2:1か月分の収益と支出とその他詳細な費用を記録すること。最小の品目でも忘れないようにしてください。そうすれば、企業が良く使用している経費の品目を良く理解できるようになります。

-ステップ3:1か月分の経費を足すこと:全ての経費を合計すること。この最終的な数字は来月の予算の参考になるかもしれません。

-ステップ4:コスト、収益、利益の分析:これは企業の財務現状を評価する最後のステップで、既存の数値に基づいて、企業の事業活動に関して再度判断を行う。最後に、企業の許容制限内で工場を借りる費用も計算できます。

第2策:1000平米の工場を選択するときに複数年間の前金を払う方法

上記の第1策の手順は非常に複雑であると思ったら、複数年間の前金を払う別の解決策を試しましょう。賃貸会社の支払い方針を良く調べてください。多くの会社は、企業が3~5年分の前払いをしたときに、払った賃貸料は毎年ごとに変わらないようにする条件を出します。これも企業にとって有益な対策と認められます。

#1000平米の工場を建設時に問題になること

実際に1000平米の工場を建設したい場合、多くの問題が発生する可能性があるというのをご存じですか。特にあなたが工場の所有者ではないと、ビジネスはさらに困難になります。 変更が必要な場合は、デザインの改善についてで最初から賃貸会社と明確しないといけません。 場所がどんなに広くて綺麗であっても、企業の製造活動に適切でないところを選択するなんて有りえない話です。または、建設をするときに発生する法的問題を明確に理解すした方がよいと思いますので、あなたは最良の結果を得るために賃貸会社からのサポートを要求することをお勧めです。

1000平米の工場

# 運送方法や時間などの多様な問題の制限

貸し工場を利用する際に、多くの企業は運送方法、時間、従業員用の食堂などの運営上の問題によって制限されています。たとえば、建設用鋼を製造するための工場を借りていますが、道路が弱すぎて、重くてかさばる商品を運送できなくて、または商品を運ぶ時間に制限があります。これは納期に影響を及ぼし、企業の潜在的な顧客を失い、収益を減少させる原因となります。 したがって、工場を貸す会社の提供能力を良く調べて、十分に理解する必要があります。

それによって、私達は適切でない貸し工場を選ぶ際の困難が見えていますので、1000平米の工場を借りるリスクがないように、上記の3つの重要な注意点についてご参考ください。 そのことが理解できたら、あなたの工場は運転中に酷い目に遭うことを避けられるでしょう。