KIZUNAサプライヤーデー2018 裾野産業の100社以上をつなぐ

2018年9月28日、KIZUNA  ベトナムのレンタルサービス工場のパイオニア  は、KIZUNAサプライヤーデー2018を開催しました。このイベントでは、裾野産業で事業を行う国内外の企業100社以上のつながりを作ることができ、イベントは成功裏に終了しました。

KIZUNAのレンタルサービス工場は、最小240㎡から多様なサイズの工場が提供可能で、工業団地の技術インフラや設備が完備された国際基準の高品質な工場です。さらに、様々なサポートサービスや共有資源、日本語・韓国語・英語・ベトナム語が話せる専門チームによる無料相談といった素晴らしい付加価値もお客様にご提供いたします。こうした全てのサービスは、入居企業様、特に裾野産業の分野で事業を行う企業様に安心かつ効率的な生産環境を提供し、その持続可能な成功に貢献することを目的としています。

現在、KIZUNAは総面積10万㎡以上のレンタルサービス工場を開発しています。また、総面積5万㎡を超えるKIZUNA3レンタルサービス工場の拡張を続けており、2019年第4四半期から投資家に引き渡しを開始する予定です。

この6年以上のたゆまぬ努力の結果、KIZUNAは、日本や韓国を中心に80社以上の国内外企業様に選んでいただくことができました。私たちは、外資系企業がベトナムで事業を行う際に直面する困難や課題を理解しています。主な問題として、法的手続き・人材・原材料の調達・流通経路の確保などがあります。そのためKIZUNAは、入居企業様が安定したビジネスパートナーに直接出会えると同時に、企業間で有益な情報を共有する機会を作る目的で今回のイベントを開催しました。

KIZUNAサプライヤーデー2018では、KIZUNAレンタルサービス工場で事業を行う30社様に、無料で自社製品を紹介し、適切なパートナーを見つける機会をご提供しました。このイベントは、日本貿易振興機構(JETRO)、横浜企業経営支援財団(IDEC横浜)、ホーチミン市韓国商工会議所(KOCHAM)、大韓貿易投資振興公社(KOTRA)、ホーチミン市機械電気企業協会(HAMEE)、ベトナム機械企業協会(VAMI)、ベトナム包装協会(VINPAS)といった国内外の協会・団体の協力のもと開催されました。

By Marketing Department – Kizuna JV Corporation